マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

プロ野球に選手を送り出す監督たち。
風呂、宗教……心配の種は多種多様。

posted2018/02/23 16:30

 
プロ野球に選手を送り出す監督たち。風呂、宗教……心配の種は多種多様。<Number Web> photograph by Kyodo News

國學院大から3位で楽天入りした山崎剛。送り出した鳥山泰孝監督は、オーバーワークを一番心配しているという。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 昨年2月、ソフトバンク・宮崎キャンプでのことだ。

 アップを終えた二軍、三軍の若い選手たちが「サブグラウンド」の外野の芝生に集まった。

 コーチ、マネージャーから業務連絡があった後、「さあ、今日は誰だ!」のひと声にサッと左手が上がって、長身の選手がひとり、選手の群れの中から前に進み出た。

「今日は、育成3年目、齋藤誠哉がスピーチさせていただきます!」

 元気のよい声が、ファールグラウンドに立っていたこちらの耳にまで聞こえてきた。

「人前で、あんな大きな声を出せるヤツじゃなかったんだ……」

 ちょうどその日、彼の高校3年間を教え導いた磐田東高(静岡)・山内克之監督がキャンプに足を運んでいた。

「仲間にいれてもらえるのかなぁって……」

 2月の宮崎は、まだ北風が強い。ビューと吹き抜ける音にかき消されて、そのあとの“スピーチ”がよく聞こえない。いつの間にか、ファールラインギリギリの所に山内監督がいた。

「何言ってるんだか、よく聞こえないけど、ほら、なんだかみんなの笑いも取ってるし、聞いてもらってるんだよねぇ、あいつなんかの話でも……。ありがたいよねぇ」

 いつもは向こうっ気の強い山内監督が、珍しく涙ぐんでいる。

「いちばん心配してたんだ、みんなの仲間に入れてもらえるのかなぁって……。誠哉の性格でねぇ」

 青森の中学から磐田東に進み、本格派左腕としての素質は誰もが一目置くほどだったが、なかなか人を信じないところがあると聞いていた。そこのところだけを3年かけて、ほぐし、耕してきたという。

「だからねぇ、うれしいよ。誠哉のあの声聞けたら、もうそれだけでいいや」

 気が済んだ……そんな顔になって、野球は見ずに、ほんとに静岡に帰って行ってしまった。

【次ページ】 人と一緒にお風呂に入れない、という子も。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

山内克之
齋藤誠哉
宗佑磨
水谷哲也
鳥山泰孝
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後のコラム

ページトップ