Number ExBACK NUMBER

ホリエモンが語る球団買収の裏側。
「渡辺恒雄氏に挨拶に行けば……」

posted2018/02/15 15:00

 
ホリエモンが語る球団買収の裏側。「渡辺恒雄氏に挨拶に行けば……」<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

現在はJリーグのアドバイザーを務め、スポーツとの関わりも長い。

text by

石井宏美(Number編集部)

石井宏美(Number編集部)Hiromi Ishii

PROFILE

photograph by

Yuki Suenaga

 2004年、大阪近鉄バファローズの買収を申し出た。買収の申し出を拒否されると、今度は東北に新球団を設立する計画を発表。最終的に参入は実現しなかったが、世間にその名が広く知れ渡り、一気に時代の寵児となった。

「Number Sports Business College(NSBC)」第20回のゲスト講師・実業家でSNS media&consulting株式会社ファウンダー堀江貴文氏と池田純氏との対話は、日本を騒がせた2004年プロ野球球団買収の話から、今注目するスポーツビジネス、そして日本スポーツ界への提言など多岐に渡った。

NPBの圧倒的な知名度が魅力的だった。

――堀江さんは2004年に近鉄バファローズ(当時)の買収をしようとしていましたが、何が魅力的だったのでしょうか。

堀江「当時のCFO(最高財務責任者)が大の野球ファンで、常々『うちの会社がでかくなったら野球チームを持ちたい』と言っていたんです。ちょうどダイエーが潰れた時期で、福岡のIT系の講演会の後に行われた懇親会に、ホークスの方がいて、『堀江さん、うちの会社を買収してくれませんか』と言われたんです。そういえばうちのCFOが『欲しい』と話していたことを思い出したんですが、さすがにうちでは買えない額でした。でも、ダイエーは無理でも買える球団はあるんじゃないかと思って調べていたら、近鉄が買えそうだと判明した。当時、近鉄も経営不振で球団を手放したがっていたんですよね」

池田「その頃売上はいくらぐらいだったんですか?」

堀江「40~50億あったので買えるかな、という感じだったんですよ。そこで、証券会社経由でオファーを出したら、買収できるかもしれないということで、いろいろ調べ始めたんです。プロ野球はスポーツ新聞の一面はストーブリーグの季節も含めて、1年を通して大体、8、9割が野球。テレビも『プロ野球ニュース』など、ほぼ全局がプロ野球のニュースを毎日必ず放送する。12球団しかないからめちゃくちゃメディアに出る。しかも、社名が出るじゃないですか。圧倒的な知名度が魅力的でしたね」

【次ページ】 プロ野球のブランディング効果について。

1 2 3 4 5 6 NEXT
堀江貴文
池田純
大阪近鉄バファローズ
渡辺恒雄
東北楽天ゴールデンイーグルス
三木谷浩史
川淵三郎
NSBC

プロ野球の前後のコラム

ページトップ