バスケットボールPRESSBACK NUMBER

Bリーグ川崎とNBA王者は似ている?
コーチ、選手が突き詰めるものとは。

posted2018/02/03 07:00

 
Bリーグ川崎とNBA王者は似ている?コーチ、選手が突き詰めるものとは。<Number Web> photograph by AFLO

川崎を率いる北ヘッドコーチ。厳しさと規律を求めることで、チームに一本芯を与えようとしている。

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph by

AFLO

“あのNBAチーム”を想起せずにはいられないチームが、Bリーグにはある。

 Bリーグチームは川崎ブレイブサンダース。そして“あのNBAチーム”とは、昨季の王者、ゴールデンステイト・ウォリアーズだ。

 '15-'16シーズンに、それまでシカゴ・ブルズが持っていたシーズン最多勝利記録を更新する73勝をあげ、昨シーズン悲願のNBA王者に輝いたゴールデンステイト・ウォリアーズは、今季もウエスタン・カンファレンスの首位を走り続けている。コービー・ブライアントが「ゴールデン・デモクラシー」と名づけた、コート上の5人すべてが連動したその素晴らしい攻撃もすっかり有名になった。

 一方の川崎ブレイブサンダースは、2月2日現在で20勝12敗、強豪ひしめくBリーグ東地区の3位で奮闘を続けている。チームの規模や状況からすれば、どこに共通点があるのかと思われるかもしれない。だが、そのチームの組織のあり方や「志」において、川崎にはNBAに王者に通じる部分があると感じるのだ。

ミスを許さない姿勢は川崎で徹底されている。

 川崎の北卓也HCは、とにかく厳しい。

 しかしその厳しさは、選手やスタッフを頭ごなしに怒るのではなく、選手たちに自覚をうながす種類のものである。

 特に、ミスを許さない姿勢は川崎で徹底されている。

 昨年末のサンロッカーズ渋谷との試合、2Qにポイントガード(PG)藤井祐眞がミスをするやいなや、篠山竜青との交代を命じられた。3Qで篠山竜青がミスをした瞬間、今度は藤井が呼ばれたが、藤井が交代を待つ間に篠山が素晴らしいドライブからゴールを決め、交代が取りやめになった。

 それでは選手がミスを恐れるあまり、委縮してしまうのではないか?

 北HCは確かにその側面はあると認めつつ、ミスの中でも線引きをしている。それが分かるのは1月27日の千葉ジェッツふなばし戦で10得点、6リバウンドの成績を残した谷口光貴のケースだ。

【次ページ】 ミスをしてわずか27秒でベンチに戻された選手も。

1 2 3 4 5 NEXT
川崎ブレイブサンダース
辻直人
北卓也
ゴールデンステイト・ウォリアーズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ