日々是バスケBACK NUMBER

八村塁の2018年は「スターになる年」。
日本人NBA選手の予想に全米注目!

posted2018/01/27 07:00

 
八村塁の2018年は「スターになる年」。日本人NBA選手の予想に全米注目!<Number Web> photograph by Yoko Miyaji

NBAでドラフト上位指名が予想されているレベルの選手とマッチアップしても引けを取らないレベルまで強くなった八村。

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Yoko Miyaji

「ルイ、きょうは君が会見場に行くかい?」

 11月26日、ポートランドで開催された「PK80トーナメント」(ナイキ創設者であるフィル・ナイト氏・Philip Knightの80歳の誕生日を祝うために開催された全16チーム、2ブラケットのトーナメント)のテキサス大戦の試合後、八村塁はゴンザガ大の広報スタッフから、そう声をかけられた。

 NCAAでは、メディアが大勢集まるような試合では、活躍した選手がヘッドコーチと共に会見場で記者会見を受けることが多い。

 この日の試合で八村は、試合最多得点で彼自身にとっても自己最多の20点を上げたほか、9リバウンドを取る活躍をして勝利に貢献していたのだ。

 留学1年目の昨シーズンは、言葉の問題もあって、英語でのメディア対応を免除されていた八村だが、それでも今年3月頃には1対1なら英語でインタビューの受け答えができるまで英語力を上達させていた。

 日本語でなら会見の経験もあり、メディア慣れもしている。広報担当も、そろそろ彼にやらせてみようと思ったようだ。

 しかし、八村はその誘いに「ノーウェイ(まさか)!」と、必死に会見行きを辞退。結局、この日の会見には別の選手が登壇した。

英語での記者会見は……まだ早かったかな?

 後からそのことを聞くと、八村は「だって無理ですよ。無理、無理。できないです。そういうの、あんまり慣れていないんで」と弁明していた。

 去年春に日本を離れ、ゴンザガ大に留学した八村にとって、この1年は新しい経験の連続だった。新しいことにぶつかるたびに、様々な壁を乗り越えてきたが、英語での記者会見という壁は、跳び越えるにはまだ少し高いようだった。

【次ページ】 「日本的な性格で、ミスをしたくないと思っている」

1 2 3 4 5 NEXT
八村塁
ゴンザガ大学
モハメド・バンバ
東京五輪
オリンピック

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ