日々是バスケBACK NUMBER

米大学に207cmの日本人バスケ選手!
渡辺飛勇は東京五輪代表を目指す。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byYoko Miyaji

posted2018/01/16 08:00

米大学に207cmの日本人バスケ選手!渡辺飛勇は東京五輪代表を目指す。<Number Web> photograph by Yoko Miyaji

渡辺とポートランド大のチームメイトのディアバテ(マリ国籍)。ふたりが東京五輪で戦うシーンを是非観てみたい!

スポーツ一家で、みんな競争心が強い中で育った。

「祖父はサンフランシスコ49ersのオフェンシブ・ラインマンだった。僕が生まれるずっと前のことだけれど、プレーはテープで見たことがある」と渡辺。

 両親はプロ選手の経験はないものの、それでも若いときには父が野球、母は日本で陸上に打ち込んでいたという。

「うちはスポーツ一家で、みんな競争心が強くて、チャレンジすることが好きなんだ。父とはよくシュート競争もしている。

 弟とは特に、いつでも、スポーツ以外でも競争しているんだ。テキストメッセージを送りあって、たとえば、きょうも弟から『僕もプレーできればよかったけれど、少なくとも僕のほうがいい服を着ている』と言ってきたよ」と笑う。

一時的にバレーボールへ転向してはみたが……。

 1歳下の弟は、先日、バレーボール奨学金でのハワイ大進学が確定した。実は飛勇も一時はバレーボール奨学金で大学に進学するつもりだった。子供のころからやっていたのはバスケットボールだったが、ハワイ大のバレーボールチームといっしょにプレーする機会があり、バスケットボールより大学で奨学金を得る可能性が高いと考え、高校でいったんバレーボールに転向したのだ。

「でも、ちょっとヘマをしちゃって。うまくプレーしなくてはいけなかったときに、いいプレーができなかった。それで、学校(大学)側が興味を示さなくなってしまった。それで、慌ててバスケットボールのオファーを探さなくてはいけなくなったんだ」

 高校最後のシーズンに再びバスケットボールに戻った彼は、バスケットボール奨学金のオファーをしてくれたポートランド大への進学を決めた。

【次ページ】 試合に出るために、フィジカル面で慣れる必要がある。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

渡辺飛勇
タヒロウ・ディアバテ
ポートランド大学
伊藤大司
フリオ・ラマス
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ