Number ExBACK NUMBER

リバプール移籍も相談された?
マヤが語る「マネ対策」とは。

posted2018/01/10 17:30

 
リバプール移籍も相談された?マヤが語る「マネ対策」とは。<Number Web> photograph by AFLO

吉田と一緒にジムでトレーニングをする仲だったという、サウサンプトン時代のマネ。

text by

松本宣昭(Number編集部)

松本宣昭(Number編集部)Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph by

AFLO

 今から約1年半前、2015-16シーズンのこと。

 サウサンプトンはリーグ戦終盤に差し掛かっても好調を維持し、ヨーロッパリーグへの出場権を争っていた。その強さの要因について、電話で吉田麻也に話を訊いていたときだ。

 話題が最前線でチームを牽引する背番号10に及ぶと、吉田は自慢の友人を紹介するように、こう語っていた。

「今の彼は“エグい”。彼のところにボールが行けば、なんとかしてくれる感じはあります。ビッグクラブでも、あのスピードを止めるのはなかなか難しいと思いますね」

 サウサンプトンのエースが、翌シーズンが開幕する直前の夏の移籍市場でリバプールに引き抜かれたのも、自然な流れだった。

 サディオ・マネ。

 今季もモハメド・サラーとともに、リバプールの爆発的な攻撃力を支えている快足アタッカーである。

セネガル人は他のアフリカの選手と較べて真面目である。

 日本代表は、そんなマネを擁するセネガル代表とロシアW杯で対戦することになった。

 グループHのライバル国について、そして日本代表チームの現状について語ってもらったNumber943号の吉田麻也インタビューでも、当然、話題はマネのことに及んだ。

「セネガル人選手って、ほかのアフリカの選手と比べても、真面目なんです。サディオも、めちゃめちゃ真面目。お酒も飲みませんし、よくジムで一緒にトレーニングしていました。

 僕と、サディオと、デュサン・タディッチ。ジムにいるメンバーは大体この3人でしたから、一緒にトレーニングしていましたし、よく話していました。

 サディオはチェルシー戦で2ゴールを決めた翌日にも、自主的に筋トレをやっていた。そんなアフリカ人選手、ほかにいませんよ」

【次ページ】 「リバプールとトッテナム、移籍するならどっち?」

1 2 NEXT
吉田麻也
サディオ・マネ
モハメド・サラー
シェイク・クヤテ
サウサンプトン
リバプール
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ