Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<雌伏の先のために>原口元気「欧州遠征で感じた本当のこと」 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byKenjiro Sugai

posted2018/01/10 06:00

<雌伏の先のために>原口元気「欧州遠征で感じた本当のこと」<Number Web> photograph by Kenjiro Sugai
クラブで出番がなく、代表も批判にさらされた。
不遇の時を送るように見えるこの冬の原口。
だが、この不屈の男は欧州遠征の2連敗も冷静に受け止め、自らの目標を見据えていた。

「ブラジル戦は正直、力の差を感じたけど、ベルギー戦について、俺はネガティブではないから。1本、パスが出ていれば……」

 日本代表のヨーロッパ遠征の翌週の月曜日。ヘルタ・ベルリンの練習場で、2日前のリーグ戦に出なかった原口元気は最後までピッチに残って練習をしていた。

 あの言葉は何を意味するだろうか?

 アスリートが考えなくてはいけないのは、自分にコントロールできるものと、できないものとを分けること。コントロールできるのは、自らのプレーや判断について。コントロールできないものは、味方が出すパスや監督の采配に至るまで多岐にわたる。

 その上で、コントロールできることだけに、フォーカスしないといけない。


 確かに、ハリルホジッチ監督の采配や手腕については様々な批判も挙がっているが、その是非は関係ない。JFAの田嶋幸三会長が今後もサポートしていくと明言しており、選手が監督の存在や采配にストレスを抱えても、成長を妨げるだけだろう。

 W杯までの半年で何ができるのか。原口はそこにフォーカスしていた。

 例えば、ベルギー戦。相手のフォーメーションは3-4-3と表記されたが、実際は左右非対称であり、両翼のFWもウイングというよりは、攻撃時に中に入っていく。日本の左FWの原口が対峙する右ウイングバックのムニエの位置も変則的だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2156文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表 逆襲の秘策。

Sports Graphic Number 943

日本代表 逆襲の秘策。

 

原口元気
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ