フランス・フットボール通信BACK NUMBER

サポーターを蹴り上げて出場停止!!
エブラとカントナ、その激情の世界。 

text by

クリストフ・ラルシェ

クリストフ・ラルシェChristophe Larcher

PROFILE

photograph byStephane Mantey - Action Images/Panoramic

posted2017/11/28 08:00

サポーターを蹴り上げて出場停止!!エブラとカントナ、その激情の世界。<Number Web> photograph by Stephane Mantey - Action Images/Panoramic

写真左がカントナの通称“カンフーキック”。右はエブラのハイキック。

ファンもメディアも……みんなカントナを愛し続けた。

 '95年10月1日、カントナは永遠の支持者であるアレックス・ファーガソンに付き添われてリバプール戦のピッチに立ち、自らゴールも決めた。

 '97年シーズン終了まで彼はマンUのユニフォームを着つづけ、チームにさらにふたつのリーグ優勝をもたらした。

 カントナ伝説は、マンチェスターに今も根強く残っている。

「カモメ(メディア)が漁船(カントナ自身)の後を追いかけるのは、漁師たちがイワシ(事件ネタ)を海に投げ捨てるのを知っているからだ」という、カントナが事件の正式記者会見の際に語った言葉は、今日でも決して古びてはいない。

 それはエブラにも同じシュールレアリスムの頂点に達するために、大きなインスピレーションを与えるだろう。

 エブラもそこに到達するのは、十分に可能であるのだから。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
パトリス・エブラ
エリック・カントナ
マンチェスター・ユナイテッド
マルセイユ
アレックス・ファーガソン

海外サッカーの前後の記事

ページトップ