野球のぼせもんBACK NUMBER

ホークス“突破0%”覆した無安打男。
達川コーチの城所起用という大博打。 

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/10/25 07:00

ホークス“突破0%”覆した無安打男。達川コーチの城所起用という大博打。<Number Web> photograph by Kyodo News

城所、中村晃……MVPの内川、復帰の柳田らの陰に隠れるが、ソフトバンクの陣容の厚さを象徴するCSとなった。

報道陣から失笑すら起きた城所が大活躍。

 今季レギュラーシーズンで歴代5位の94勝を挙げた戦いにおいて、この陣容で戦ったのはただの一度もなかった。ましてや城所は2試合出場で3打数0安打の成績しか残せていない。

 試合前のプレスルームでは失笑が起きていたし、筆者も正直、首をかしげるしかなかった。

 だが、なんと、その城所が打って守っての大活躍を見せたのである。

 初回はきっちり送りバントを決めて早々の逆転劇を演出。第2打席では則本昂大から右翼線二塁打。その後の内川聖一の3ランにつなげた。続く3打席目も則本から左翼線二塁打を放ってみせた。守備では5回、先頭ウィーラーの左中間最深部への大飛球をスライディングキャッチ。この回にアマダーが同点2ランを放っており、城所のスーパープレーがなければ、ホークスにはさらに悪い展開が待っていたはずだ。

 この3戦目は、5対5で迎えた8回裏に中村晃が勝ち越し2ランを放った。そのヒーローも「キドさん(城所)が活躍して、チームのムードが明るくなった」と証言した。

 今年のCSは、ファーストステージからイーグルスの梨田采配がズバリ当たっていたが、そのお株を奪う形での勝利。2勝2敗のタイに戻しただけではない見えない力が、この時のホークスにはもう存在していた。

「大失敗もするけど大成功もするらしいじゃないか」

 唐突に思えた城所の起用。じつは達川光男ヘッドコーチが進言したものだった。

「去年の交流戦でMVPを獲ったんじゃろ? すごい大失敗もするけど大成功もするらしいじゃないか」

 大博打である。

 しかも丁か半かの勝率5割とは程遠い、万馬券級の勝負に打って出た。

「0%」をひっくり返すには、小さな奇跡を積み重ねて、大きな奇跡を作り上げるしかない。

 その勝負に、ホークスは勝ったのだ。

【次ページ】 かつての首位打者・長谷川も「やってやろう」。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

福岡ソフトバンクホークス
達川光男
工藤公康
城所龍磨
長谷川勇也

プロ野球の前後のコラム

ページトップ