Number on NumberBACK NUMBER

低打率の首位打者。~セパ双方の首位打者が3割3分を切るのはかなり珍しい事態~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2017/10/24 16:00

低打率の首位打者。~セパ双方の首位打者が3割3分を切るのはかなり珍しい事態~<Number Web> photograph by Kyodo News

宮崎はプロ5年目の28歳。規定打席に到達したのは今季が初めてだった。

 プロ野球では、首位打者のタイトルがセ・リーグは宮崎敏郎(DeNA)、パ・リーグは秋山翔吾(西武)となった。2人とも打点で自己最高記録をマークするなど、打率だけでなくチームに貢献する活躍が目立った。

 宮崎は「.323」で自己最高、秋山は「.322」で自己2番目だった。これはもちろん素晴らしい成績だったが、今年は全体的に打撃成績が例年を下回った。中でも打率は、セ・リーグ、パ・リーグともに首位打者が3割3分を下回ることになった。これは過去に、1958年、1975年、1993年、2009年と、4回しかなかったことだ。プロ野球界全体として、アベレージが上がらなかったのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1712文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

最強は俺たちだ。~秋競馬GI頂上決戦~
宮崎敏郎
秋山翔吾

プロ野球の前後の記事

ページトップ