フランス・フットボール通信BACK NUMBER

ネイマール加入でPSGはCL制覇できる?
『フランス・フットボール』が徹底検証。 

text by

パトリック・ウルビニ

パトリック・ウルビニPatrick Urbini

PROFILE

photograph byAlexis Reau/L'Equipe

posted2017/09/27 17:00

ネイマール加入でPSGはCL制覇できる?『フランス・フットボール』が徹底検証。<Number Web> photograph by Alexis Reau/L'Equipe

ネイマール、ムバッペ、カバーニの連係が、PSG躍進のすべての鍵となるわけだが……。

(4)ディフェンスのふたつの穴:GKと左SB。

 卓越したゴールキーパーがいなくともチャンピオンズリーグ優勝は可能である('94年ミランのセバスティアーノ・ロッシや'02年レアルのセサール・サンチェスなど)。

 また驚異的なサイドバックなしでも優勝できる('07年ミランのマレク・ヤンクロフスキや'09年バルセロナのシウビーニョ)。

 さらにはその両方を欠いても――'97年にユベントスを破ったドルトムントはシュテファン・クロスとヨルク・ハインリヒ、'05年にミラン相手に奇跡の逆転劇を演じたリバプールはイェルズィー・デュデクとジミ・トラオレであったように――ヨーロッパの頂点に立つことはできる。

 PSGの場合も、スタメンに2つの穴がある。それがGKアルフォンス・アレオラと左SBレイバン・クルザワである。

 歴史を紐解いたときに、このふたつのポジションについては、幾つかの著名なコンビの名前を挙げられる。'00年レアルのカシージャスとロベルト・カルロス、'01年バイエルンのカーンとリザラズ、'13年バイエルンのノイアーとアラバ、'08年マンチェスター・ユナイテッドのファンデルサールとエブラ、さらに遡れば'93年マルセイユのバルテスとディメコなどがそうである。

 バルサとレアルにしても、テア・シュテゲンとジョルディ・アルバ(バルセロナ)、ケイロル・ナバスとマルセロ(レアル・マドリー)でここ数年は安定している。

 一方、PSGは、スタメンのふたりばかりか代役たちも心もとない(GKトラップと左SBベルチチェ)。またゴールキーパーの場合は、他のポジションのような競争も起こりにくく、不安を拭い去れない。

 以上、幾つかの不安点を抱えながら、PSGは頂を極められるのか。

 とてもではないが、楽観する気にはなれない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
ネイマール
ムバッペ
ダニエウ・アウベス
PSG
パリ・サンジェルマン
バルセロナ
レアル・マドリー
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ