SCORE CARDBACK NUMBER

指揮官シメオネが感涙した、アトレティコの新スタジアム。~サイズより重要なのは、収益性と雰囲気~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/09/28 07:00

指揮官シメオネが感涙した、アトレティコの新スタジアム。~サイズより重要なのは、収益性と雰囲気~<Number Web> photograph by Getty Images

こけら落としとなったマラガ戦の61分に初得点を決めたグリエスマン。この日の観客動員数は6万2906人。

 欧州を代表するスタジアムのひとつになるかもしれない。9月16日、アトレティコ・マドリーの新スタジアム、ワンダ・メトロポリターノがお披露目となった。アトレティコのシメオネ監督は「カルデロンよりも客席との距離が近い。これまで以上にサポーターは背中を押してくれるはず」と涙を浮かべ、歴史に残る初得点を決めたグリエスマンは「ここは人生で最高のスタジアムだ」と絶賛した。

 欧州サッカー界はスタジアムの改装、新築ラッシュだ。特に南欧は老朽化が深刻で、各クラブが工夫を凝らし、利便性が高く、集客力の高い施設を作ろうとしている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 585文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

カープの時代。

Sports Graphic Number 936

カープの時代。

 

アトレティコ・マドリー
ディエゴ・シメオネ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ