野ボール横丁BACK NUMBER

清宮幸太郎が初めて言ったプロ志望。
「早実-早大」から外れていく覚悟。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byShiroh Miyake

posted2017/09/22 18:15

清宮幸太郎が初めて言ったプロ志望。「早実-早大」から外れていく覚悟。<Number Web> photograph by Shiroh Miyake

プロ志望をついに口にした清宮。多くの球団がドラフト1位指名を検討する模様だ。

「大学行っても木製バットなんで」

 この夏、グラウンドで写真撮影をしているときに、こんなことがあった。金属バットを携えていた清宮に、同行していた編集者がこんな風に声をかけた。

「プロに行ったら、金属バットはもう最後になっちゃうね。あ、でも、そんなことは言えないか」

 すると、清宮は落ち着いた様子でこう返した。

「そんなことないですよ。大学行っても木製バットなんで」

 そんなやりとりでも、やはり大学へ行くつもりなのではないかと思ったものだ。

 しかし、U-18の野球W杯から戻ってきてすぐに決めたという清宮の決意は、揺るぎないものだった。

 大学の通信教育を受けるつもりはないのかという質問にも、U-18で他のプロ志望の選手の影響を受けたかという質問に対しても、「それはない」と、きっぱりと否定した。

何より大事なのは、自分で決めることだ。

 清宮は「野球にいちばん集中できる環境を選びたかった」とプロ志望の理由を語った。

 かつて、菊池雄星(西武)や大谷翔平(日本ハム)を、「高卒即アメリカ」というルートに導きかけたドジャースの元スカウト小島圭市は、清宮の進路に関して、こう心配していたものだ。

「何より大事なのは、自分で決めること。それが成長の芽を植え付けることになる」

 清宮は、自分で決めた。

 さて、最初の注目ポイントは過ぎた。

 次は、いったい何球団が清宮を1位指名するか、だ。

関連記事

BACK 1 2
清宮幸太郎
早稲田実業高校
清宮克幸
早稲田大学

プロ野球の前後の記事

ページトップ