プロ野球亭日乗BACK NUMBER

異常に過熱する巨人vs.DeNAのCS争い。
カギ握る両チーム捕手5人の運命は?

posted2017/09/22 08:00

 
異常に過熱する巨人vs.DeNAのCS争い。カギ握る両チーム捕手5人の運命は?<Number Web> photograph by Kyodo News

8月の阪神戦にて。試合の流れを変える同点2ランを放ち、ナインに迎えられる宇佐見。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 プロ野球のペナントレースはパ・リーグがソフトバンクの2年ぶりの優勝、セ・リーグは広島の連覇で決着。シーズン終了まで残すところ約2週間の戦いの焦点は、クライマックスシリーズ(CS)への出場権をかけた熾烈な3位争いへと移っている。

 パ・リーグは9月20日時点(以下数字は全て同)で3位の楽天がCSクリンチナンバーを3として圏内をほぼ確定。残るは2ゲーム差でファーストステージの主催権をかけた西武との2位争いということになる。

 一方のセ・リーグはDeNAと巨人の両チームが残り10試合を切っても抜きつ抜かれつ、日替わりで順位が入れ替わるデッドヒートを展開。最後の最後までCS出場権をかけた戦いは予断を許さないようである。

 そのサバイバル戦の1つのカギとなりそうなのが、巨人・高橋由伸監督とDeNAのアレックス・ラミレス監督の捕手の起用法になるだろう。

守備面に関しては高橋監督の信頼が厚い小林。

 今季はチームワーストの13連敗から巻き返している巨人。この終盤のデッドヒートを制するための司令塔は、基本的には主戦の小林誠司捕手にかけることになる。

 ワールド・ベースボール・クラシックでの活躍から、一転して13連敗の“戦犯”にも名指しされる浮き沈みの激しいシーズンを送った小林だが、守備面に関しては実は高橋監督の信頼は一貫して厚い。

 エース・菅野智之投手との絆だけではなく、若手の田口麗斗投手やルーキー・畠世周投手との信頼関係も強い。

 課題だったキャッチングも昨年に比べるとかなり進歩を見せて、マイルズ・マイコラス投手との関係も決して悪くない。

 もちろん売り物の強肩は、盗塁を刺すという以外にも、投手にとっての目に見えない強力な援護にもなっている。

【次ページ】 宇佐見は、巨人が最後の最後に切る切り札。

1 2 3 4 NEXT
小林誠司
戸柱恭孝
嶺井博希
高城俊人
読売ジャイアンツ
田口麗斗
畠世周
高橋由伸
横浜DeNAベイスターズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ