バレーボールPRESSBACK NUMBER

女子バレー荒木絵里香が語った覚悟。
アスリートとして、1人の母として。
 

text by

田中夕子

田中夕子Yuko Tanaka

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2017/09/05 07:00

女子バレー荒木絵里香が語った覚悟。アスリートとして、1人の母として。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

長年にわたって女子バレーのキーマンとなっている荒木。自身4度目となる五輪に向けて、日々努力を続けている。

「あ、ママだ。負けないでね」と言ってくれる。

 リオ五輪を終え、昨シーズンを最後に木村や迫田が引退を表明した。

「できることならば、いつまでもお互いを『ばばぁ』とからかいながら一緒に続けていたかったから、寂しいのは寂しい」と言いながらも、それぞれの人生は自分で決めるものであり、荒木にはまだ、アスリートとしてぶれない軸がある。

「軽々しくは言えないけれど、でも東京オリンピックは出たいです。今こうやってチャンスをもらって必要とされてここにいる限り、そこにチャンスがあるなら、挑戦したい。しっかりやって、家族も、和香も、みんなにちゃんと誇ってもらえるように頑張らないと」

 9月5日からはブラジル、アメリカ、中国など世界の強豪国と対戦するワールドグランドチャンピオンズカップが開幕する。東京五輪へ向けた第一歩として、4年前は大きなお腹を抱えて、テレビで見ていた大会に荒木は再び日の丸をつけて臨む。

「娘もちゃんとわかるんですよ。テレビを見て、『あ、ママだ』って。『負けないでね』とか言ってくる(笑)」

 負けるわけにはいかない。

 自分にも、時折感じる寂しさにも。自らを奮い立たせ、荒木は再び日の丸をつけ、コートに立つ。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

荒木絵里香
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後のコラム

ページトップ