バレーボールPRESSBACK NUMBER

女子バレー荒木絵里香が語った覚悟。
アスリートとして、1人の母として。
 

text by

田中夕子

田中夕子Yuko Tanaka

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2017/09/05 07:00

女子バレー荒木絵里香が語った覚悟。アスリートとして、1人の母として。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

長年にわたって女子バレーのキーマンとなっている荒木。自身4度目となる五輪に向けて、日々努力を続けている。

アスリートなんだから、トップを目指すのは当たり前。

 躊躇する背中を押したのは、他ならぬ夫だった。

「アスリートなんだから、トップを目指すのは当たり前でしょ。全日本に呼んでもらえて、何で行かないの? そんなの悩むことじゃない。行くでしょ」

 家族のバックアップを受け、再び全日本として五輪を目指す。

 今季から就任した中田久美監督から「過去の経験や実績ではなく、今のリーグでの絵里香のパフォーマンスを見て(招集を)決めた」と言われたことも、心を奮い立たせた。

 合宿がスタートした5月には合流せず、所属先のトヨタ車体クインシーズで練習を開始。トレーニングや走り込みから始め、ボール練習を始めてからも「何でもできたほうがいいんじゃないか」というコーチからの提案を受け、ミドルの練習だけでなく、レフトやライトに入り、サーブレシーブの練習もして、プレーの幅を広げた。

 いつでも、どんな環境にも対応できるように、できることはする。準備の一環ではあったが、さまざまなポジションを経験することで「また違う楽しみがあった」と笑う。

リオ五輪で何もできなかった悔しさが今も。

 コンディションを整え、万全な状態で全日本合宿に合流したのは、今季、チームが一番のターゲットとしていたアジア選手権の直前。「今までつくってきたものがあるので、邪魔にならないように、マイナスではなくプラスの存在になれるように心がけた」と言うが、荒木はチーム合流直後から存在感を発揮。8月にフィリピンで行われたアジア選手権でも4試合に出場し、スパイク、ブロックで勝利に貢献した。

 最大のターゲットとしていた大会を制したことは確かに大きな喜びではあるが、荒木にはまた別の思いもあった。

「MB1とか、ハイブリッド6とか、私は直接その中にいたわけではないけれど、ミドルというポジションの人間からすれば、複雑に感じることもありました。でも実際にリオ五輪へ呼ばれても自分は何の役にも立てないどころか、何もできなかった。今思い出しても、悔しい。それは消えないですよね」

【次ページ】 打数は増えてきた、まだまだまだまだですけど(笑)。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

荒木絵里香
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後のコラム

ページトップ