Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

松坂大輔との春夏連覇から19年――。
小山、小池、後藤がそれぞれ歩む道。 

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2017/08/11 07:00

松坂大輔との春夏連覇から19年――。小山、小池、後藤がそれぞれ歩む道。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

横浜高校の校歌を歌う小山らナイン。彼らが3年生の甲子園で残した圧倒的な戦績は、今もなお語り継がれる。

「僕の中では今もクラスメイトの『マツ』です」

 右翼から、ライバルとしてその背中を見つめていた小池は電話で話したという。

「おう、頑張ってるか、とは言えるけど僕はそれ以上入っていけない。高校の時、大輔が全国区になっても僕は『ちゃんと投げろ。手抜いてんじゃねえ』と言っていた。大輔も『ちゃんと守れ』と言ってきた。でも、お互いにそれ以上は踏み込まない」

 そして白球のやり取りで松坂と会話してきた小山は捕手らしく、投げるためにあがき続ける胸の内を察した。

「決勝でノーヒットノーランはできませんよ。凄いです。でも普段は全然そう思わない。僕の中では今もクラスメイトの『マツ』です。もし金や名誉のためであればキャリアを終えてもいいと思うんです。それでもこだわるのは投げるのが大好きで、意地もあるからじゃないですか。ならもっと頑張って欲しいと思ってしまうんですが……」

 怪物であろうとなかろうと、いつも腹蔵がなく、寛容で、容赦がない。それぞれの距離感でマウンドの松坂を見守っている。甲子園のダイヤモンドに散っていたあの頃と変わらない彼らの存在は、松坂がマウンドに立ち続ける理由の1つであるのかもしれない。

(Number926号『小池正晃/小山良男/後藤武敏「松坂への旅」より』)

2017年の松坂世代。

Sports Graphic Number 926

2017年の松坂世代。

 

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
横浜高校
小山良男
松坂大輔
小池正晃
後藤武敏
亜細亜大学

高校野球の前後の記事

ページトップ