フランス・フットボール通信BACK NUMBER

バイエルンを世界の強豪にした男。
塀の向こう側から戻ったウリ会長。 

text by

アレクシス・メヌージュ

アレクシス・メヌージュAlexis Menuge

PROFILE

photograph byPhillipe Caron/L'Equipe

posted2017/08/01 08:00

バイエルンを世界の強豪にした男。塀の向こう側から戻ったウリ会長。<Number Web> photograph by Phillipe Caron/L'Equipe

練習中のバイエルンの選手たちが見下ろせる、ウリのオフィスにて。名実ともに、このクラブに君臨している男の姿である。

「ウラジミール・プーチンにぜひ会ってみたい」

 クチャティにとってショックだったのは、その発言の後、ヘーネスが政治家は民衆の気持ちを理解していない、と述べたことだった。

 例えば、民衆は今日のドイツに蔓延しはじめている反ロシアの風潮を、支持してはいないとヘーネスは主張している。

 表立ってはいないが、彼らの気持ちはそう(ロシアが好き)であると。

「ウラジミール・プーチンにぜひ会ってみたい。彼も私と同じで、ソーセージが大好きらしいからな。会えば西ヨーロッパ諸国への親近感を、彼に抱かせるいい機会になる」

 ヘーネスは変わってはいないことの、これもまたひとつの証拠である。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
ウリ・ヘーネス
マティアス・ザマー
フィリップ・ラーム
ハビ・マルティネス
チアゴ・アルカンタラ
シャビ・アロンソ
バイエルン

海外サッカーの前後の記事

ページトップ