“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

高校サッカー真夏の祭典・インハイ。
優勝候補校と注目選手を一挙紹介! 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2017/07/28 12:00

高校サッカー真夏の祭典・インハイ。優勝候補校と注目選手を一挙紹介!<Number Web> photograph by Takahito Ando

ベガルタ仙台ジュニアユースからユースへ昇格せず青森山田へやってきた郷家(ごうけ)友太。高校生活最後の夏で、有終の美を飾れるか?

米子北、富山第一、日章学園……曲者揃いの準々決勝。

 準々決勝で立ちはだかるであろうチームは、いずれも曲者揃い。

 米子北(鳥取)、富山第一、日章学園(宮崎)、京都橘……。

 富山第一は爆発的な攻撃力が特徴のチームだ。

 高円宮杯プリンスリーグ北信越では11試合を消化した時点で43得点と、圧倒的な得点力を見せ首位を快走している。

 エースストライカーの坪井清志郎は、驚異の全試合ゴール(計17得点)という成績で、北信越エリアでは誰も止められない状態にある。ツートップを組むFW大竹将吾も10ゴールと気を吐き、この強烈なツートップが全国の舞台で同じように大暴れできるかが注目されている。

 その富山第一の初戦は日章学園。

 坪井のような特出した選手こそいないが、かつて帝京高校のエースとして高校選手権制覇を経験している早稲田一男監督の下、毎年安定した組織力を誇るサッカーを披露している。

 この1回戦屈指の好カードの勝者と激突する米子北は、今年はプレミアWESTに所属し、ユース世代の第一線でチーム力を磨いている。

3回戦では、あの京都橘が再び立ちはだかる可能性が。

 まずは、ボランチの2年生・佐野海舟が豊富な運動量と展開力を駆使して、チームの高速カウンターの起点となる。そこから、葉間田塁と城市太志のツートップ、坂田二千翔と馬場琢未の両サイドの前線に配置されたドリブラー達が、一斉にゴールへと迫っていく迫力は間違いなく全国トップレベルだ。

 もし富山第一が順当に勝ち上がっていれば、3回戦では今度は京都橘が前に立ちはだかる。

 FW岩崎悠人(京都)という大エースこそ抜けたが、1年時からレギュラーを張る3年生の梅津凌岳と2年生の篠永雄大のダブルボランチコンビを軸に、ハイテンポな攻撃を仕掛ける。左サイドバックの河合航希も1年からのレギュラーで、正確なキックでクロスだけでなく、サイドチェンジを駆使して攻撃にアクセントを加える。今年は後ろの組み立ての力が高く、じっくりと相手をいなしながら崩せるチームに育っているのだ。

【次ページ】 強豪校が順当に勝ち上がるか、伏兵が出るか?

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT
青森山田高校
東福岡高校
明徳義塾高校
阿部海大
福田湧矢
郷家友太
中村駿太
壇崎竜孔
堀脩大
田部井涼
飯島陸
米子北高校
富山第一高校
坪井清志郎
長崎総合科学大附属高校
安藤瑞季
昌平高校
杉山弾斗
静岡学園高校
山下勇希
池平直樹
高橋大悟

高校サッカーの前後のコラム

ページトップ