Number ExBACK NUMBER

晴れやかに帰還したリーチマイケル。
2年を経てなお輝くリーダーシップ。 

text by

二瓶仁志(Number編集部)

二瓶仁志(Number編集部)Hitoshi Nihei

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2017/06/20 15:30

晴れやかに帰還したリーチマイケル。2年を経てなお輝くリーダーシップ。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

10日のルーマニア戦、17日のアイルランド戦に先発し、攻守にわたるハードワークでチームを牽引した。

「全体のスタンダードを高めていかないと」

――以前のインタビューでは、エディー・ジョーンズさんから「自分のスタンダードを落としたら勝てない」と言われたことを話していました。

「やはりチーフスでの経験は、自分のスタンダードを高いところに上げてくれました。これからは、それを周りに伝えて、全体のスタンダードを高めていかないといけない」

――代表に戻って、よく話をする相手はいますか。

「同部屋がフミさん(田中史朗)。ずっとラグビーの話しかしてない(笑)。一緒にルーマニアやアイルランドの試合を観てプレーを分析したり、若い子はどうすれば育つかを話し合ったり」

ジョセフHC「彼はいいリーダーだとわかる」

 言葉の端々から、前主将が持つ責任感が垣間見えた。「キャプテンはもういい。ハル(立川理道)とショウタ(堀江翔太)がすばらしいキャプテンだから」と謙遜したが、早速リーダーグループに加わり、ジョセフHCも「彼はいいリーダーだとわかる」とその人格を評価している。

 後日、ジョセフHC、立川、堀江とともに表紙を撮影した時のこと。堀江翔太のスパイクを見たリーチが語りかけた。

リーチ「そのスパイク、革薄くない?」

堀江「俺はスクラムの時につま先で踏ん張りたいから、柔らかいスパイクじゃないとだめ。リーチのスパイクは固すぎるんじゃない?」

リーチ「固いほうがしっくりくる。だからスクラムの時は、地面を掘って自分の足を固定してるよ。でもショウタのスパイク、つま先の出っ張り(堀江のスパイクの裏面にはつま先部分に小さな突起があった)、いいね」

堀江「ええやろ。引っかかって踏ん張れる。メーカーの人に出っ張りつけてもらえるようにお願いすれば(笑)」

リーチ「いいね(笑)」

 2年間のブランクを埋めるように、積極的にチームメイトとコミュニケーションを取るリーチ。'19年に向けての抱負を聞いた。

「リーダーシップをもっと高めたい。若いメンバーにも遠慮せず、ガンガンやっていきたい」

 頼もしいフランカーが、'19年に向けてジャパンを引っ張ってくれそうだ。

Number929号「桜の挑戦。~日本ラグビーW杯8強への道」では、2019年の日本開催に至るまでのジャパンのロードマップを検証しています。ジェイミー・ジョセフ、エディー・ジョーンズ、堀江翔太、立川理道などの生の言葉から、最新のテストマッチ詳報まで、2017年の日本ラグビー界の真実を徹底レポート! 是非ご一読を。
桜の挑戦。~日本ラグビー W杯8強への道~
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

リーチ マイケル
エディー・ジョーンズ
ジェイミー・ジョセフ
田中史朗
立川理道
堀江翔太

ラグビーの前後のコラム

ページトップ