Number ExBACK NUMBER

ジェイミーとエディーはここが違う!
ラグビー日本代表総監督の素顔。 

text by

稲田修一(Number編集部)

稲田修一(Number編集部)Shuichi Inada

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2017/06/15 08:00

ジェイミーとエディーはここが違う!ラグビー日本代表総監督の素顔。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

日本代表だけでなくサンウルブズなど全4カテゴリーで日本のラグビー界全体を牽引しているジョセフHC。

「この人に任せておけば大丈夫だ」という安心感が。

 さらに、ジョセフHCの求めるラグビーを深く理解しているSH田中史朗はこう語る。

「エディーはラグビーの構造を極力シンプルにして、シンドいことを徹底してやりきろうとした。でもジェイミーのラグビーは、一人ひとりが考えないとできない。ひとつの判断ミス、コミュニケーションミスがターンオーバーにつながってしまうから」

 選手たちは、練習、試合の際のジョセフHCは「かなり怖い」という印象を持っているという。だが、今回取材して見えてきたのは、すべての選手がコーチの立てたプランを信頼し、全力で遂行しようとしている姿である。

 インタビューの後、ポートレート撮影を終えると、ジョセフHCは取材班一人ひとりと握手を交わしてくれた。まるでグローブのように大きく、意外と柔らかい手からは、「この人に任せておけば大丈夫だ」と信じさせてくれる熱量が伝わってきた。

ルーマニア戦の勝利の裏側にあったジョセフHCの檄。

 迎えた6月10日のルーマニア戦。

 前半はジャパンがプランどおりのラグビーを展開し、山田章仁と福岡堅樹が鮮烈なトライを決めて14点差で折り返す。

 ハーフタイムのロッカールームの様子をとらえた中継映像では、ジョセフHCが身振り手振りを交え、厳しい表情で選手たちに絶え間なく指示を与える姿があった。

 後半、ルーマニアの猛反撃を受けるも、最後の最後でゴール前のピンチを死守できたのは、ジョセフHCの檄が選手たちの背中を後押ししたからではないだろうか。

 6月17日、24日のアイルランドとの2連戦。

 “ビッグダディ”が統率するジャパンは、世界4位の堅牢なグリーンの壁を相手にどのような戦いを見せてくれるのか。

 2年後の大舞台に向けた「桜の挑戦」は続いていく。

 次回W杯日本大会の組み合わせが発表されたことで、にわかに2019年が身近に感じてきた日本ラグビー界。最新のNumber929号「桜の挑戦」では、悲願のW杯8強へ向けて日本という国が総力を挙げて取り組んでいる現状を徹底レポートしています。ジョセフHCのさらに熱い言葉の続きを是非ご確認下さい!
桜の挑戦。~日本ラグビー W杯8強への道~
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ジェイミー・ジョセフ
エディー・ジョーンズ
稲垣啓太
田中史朗
サンウルブズ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ