“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

“久保建英と交代する男”からエースへ!
イタリア戦、岩崎悠人が爆発する根拠。

posted2017/05/26 17:00

 
“久保建英と交代する男”からエースへ!イタリア戦、岩崎悠人が爆発する根拠。<Number Web> photograph by Kenzaburo Matsuoka

小川が負傷後のピッチ上では、いつにも増して死に物狂いでゴールを狙う岩崎の姿が見られたのだが……。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Kenzaburo Matsuoka

 U-20W杯を戦う日本代表に激震が走った。

 グループリーグ初戦の南アフリカ戦で2-1の逆転勝利という、最高のスタートを切った日本だったが、第2戦のウルグアイ戦は、これまでの良い雰囲気を一変させる試合となってしまった。

 優勝候補のウルグアイを相手に、個の力、戦術的柔軟性、そして試合運びの上手さなど、多くの面でレベルの高さを見せつけられての0-2の敗戦。しかも、試合開始早々の20分にエースストライカーの小川航基が左膝前十字靭帯断裂および左膝半月板損傷という大ケガを負ってしまったのだ。

 小川が倒れ込んだ瞬間、その場にいた誰しもが普通のケガでは無いことは感じたはずだ。当然、ピッチ上にいた選手達は尚更。

 岩崎悠人もそのピッチ上の1人だった。

「小川君がいなくなって、一気に(ボールを出す)ターゲットがいなくなった。苦しくなるなと感じたし、自分がもっと動き回って攻撃を引っ張っていかないといけないと感じました」

 この時、小川に代わって投入されたのがFW久保建英。

 岩崎は久保とツートップを組むこととなったのだが、実はこの2人の組み合わせ、これまで実戦ではあまりやってこなかったコンビだった。

 なぜならば岩崎と久保は“小川の相棒”の座を競い合う存在であり、交代もこの2人の中で行われることが多かったからだ。岩崎にとって、ずっと久保は強烈なライバルとして存在していたのだ。

いつも久保との交代を強いられていた岩崎。

 本大会前のジュビロ磐田との練習試合では、これまでのスタメンは小川と岩崎のコンビだったのが、小川と久保のツートップに変更。岩崎は後半から田川亨介とツートップを組んで出場している。

 この試合後、彼が交代メンバーとして出場したことに話を向けると、悔しそうな表情を浮かべてこう口にした。

「正直、悔しかったです……。1本目(スタメン)で出たかったし、小川君と組みたかったので」

 続くホンジュラスとの親善試合では再びスタメンに返り咲きを果たし、U-20W杯初戦の南アフリカ戦でもスタメンの座を勝ち取った岩崎。0-1で迎えた48分には、鋭い裏への抜け出しと正確なボールコントロールから、小川の同点弾をアシストもしている。

 きっちりと結果を残したが、59分にMF三好康児に代わって久保が投入されると、岩崎は左MFに回り、68分にはMF遠藤渓太との交代でピッチを後にしていた。

【次ページ】 アシストだけでは評価されないのか!?

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

岩崎悠人
小川航基
堂安律
久保建英

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ