フランス・フットボール通信BACK NUMBER

ネイマールの異常すぎる取材状況。
仏雑誌が載せた辛辣な“メイキング”。 

text by

フローラン・トルシュ

フローラン・トルシュFlorent Torchut

PROFILE

photograph byAlain Mounic Patrick Gaillardin/L’Equipe

posted2017/05/25 11:00

ネイマールの異常すぎる取材状況。仏雑誌が載せた辛辣な“メイキング”。<Number Web> photograph by Alain Mounic Patrick Gaillardin/L’Equipe

「繰り返し言っているけど、僕はバルサでハッピーになりたいんだよ」(ネイマール)

インタビュー記事は、唐突に終わる感じで……。

――セレソンとバルサではどちらがより大変ですか。どっちの方がプレッシャーは大きいのでしょうか?

「偉大な選手が多ければ多いほどプレッシャーもまた大きくなる。バルサでのプレッシャーはとりわけ強いけど、セレソンも18歳で代表入りしたときからプレッシャーを感じていた。当時はロビーニョのような経験豊かな選手がいたけど、プレッシャーはチーム全体にかかっていた。ベテランだけがそれを受け止めているわけではない。若くとも代表に入った以上は、プレッシャーにも耐えられると見なされる。代表に選ばれるためには、そうしたあらゆる準備が必要なんだ」

以下、「メイキング・オブ」という編集後記欄。

場所:ジョアン・ガンペル(FCバルセロナの練習場)のプレスルーム

インタビュー時間:17分

その間に飲んだ飲み物:何もなし

服装:ダークグレイのTシャツ、ジョギングパンツ、バスケットシューズ、黒のキャップ。

言葉:スペイン語ではじまり最後はポルトガル語に。

インタビューアーとの息の合い方:0/10、理由は初めてのインタビューであるため。

その場に居合わせた人々:ガブリエラ・ポッジ(ネイマールの肖像権を管理する女性。たまたまサントスから来ていた)。インタビュー中ずっと写真を撮り続けていた友人がひとり。シェミ・テレス(バルサの広報チーフ)。部屋の奥ではカタルーニャのジャーナリストがラキティッチをインタビュー。

聞き忘れた質問:ユベントス戦の後で涙を流したのは、これで今年のバロンドールの可能性がほぼ消えたと思ったからですか?

インタビュー中に時計を見た回数:0

彼自身が選ぶであろうインタビューのタイトル:今季が僕のバルサでの最高のシーズンだ。

最近のFF誌で彼が気に入ったインタビュー:ルイス・スアレス、リオネル・メッシ、ダニエウ・アウベス。

筆者(トルシュ記者)が評価するこのインタビューのネイマール:5/10

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
ネイマール
リオネル・メッシ
バルセロナ
パリ・サンジェルマン
アンドレス・イニエスタ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ