フランス・フットボール通信BACK NUMBER

10度のクラブ昇格を実現した魔術師。
ポルトガルの名将、オリベイラの人生。

posted2017/05/23 07:30

 
10度のクラブ昇格を実現した魔術師。ポルトガルの名将、オリベイラの人生。<Number Web> photograph by Andre Vidigal/Global Imagens/Iconsport

ポルティモネンセとは契約更新をまだしていない。他のクラブからもオファーが殺到しているオリベイラだが、来季に指揮するクラブは未定である。

text by

ニコラス・ビラス

ニコラス・ビラスNicolas Vilas

PROFILE

photograph by

Andre Vidigal/Global Imagens/Iconsport

 小林伸二や石崎信弘、反町康治……。

 日本にも、昇格請負人の異名をもつ職人的な資質の優れた監督たちがいる。だが、世界は広いとはよく言ったもので、ポルトガルには10度もチームを2部から1部に引き上げた監督がいる(Jリーグの最高記録は小林伸二の4回)。しかもその10回は、すべて異なるクラブである。また5年連続1部昇格というのも、恐らく破られることのない記録で、これらすべてはボラ・ミルティノビッチの5回連続異なる国からワールドカップ出場(うち4回は決勝トーナメント進出)や、ビットリオ・ポッツォのワールドカップ2連覇に匹敵するような、隠れた大記録であるといえる。

 フランス・フットボール誌5月9日号では、ニコラス・ビラス記者が今季10度目の1部昇格を成し遂げたオリベイラを紹介している。

 世界最高の昇格請負人とは、いったいどんな人物であるのか。

監修:田村修一

偉大な記録を生み出した監督はどんな人物なのか?

 今季、ポルティモネンセはポルトガル1部リーグ昇格を果たした。

 監督のヴィットル・オリベイラにとって実に10回目の昇格で、しかも彼はすべて異なるクラブでそれを実現している。特異な監督が打ち立てた、他に例を見ない稀代な記録である。

 ヴィットル・オリベイラは、ポルトガルでは知る人ぞ知る昇格請負人である。

 63歳になる彼は、リーガ(1部)にチームを引き上げること実に10度。最近は5年連続で昇格を果たしている。しかも10回とも、率いたクラブが異なっている。もちろん世界記録である。

「2年前に『ピュブリコ』紙が電話をかけてきて、そんな監督はヨーロッパに誰もいないと言うんだ」とオリベイラはいう。

【次ページ】 「2部でトップの監督」という自己認識もあるが……。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ヴィットル・オリベイラ
ポルティモネンセ
スポルティング・リスボン

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ