Number ExBACK NUMBER

福永祐一がカデナと目指す、
日本ダービー「18度目の正直」。 

text by

生島洋介

生島洋介Yosuke Ikushima

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2017/05/24 07:00

福永祐一がカデナと目指す、日本ダービー「18度目の正直」。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

福永の父・洋一も成し遂げられなかった悲願のダービー制覇。オーナー前田幸治の粋な計らいもあり、福永祐一の思いは例年になく強いはず。

晴天が続く東京。馬場も特殊な状態にはならないはず。

 皐月賞馬のアルアインや青葉賞を圧勝したアドミラブルなど、強力な3歳馬たちが集う大舞台は5月28日に迫った。

 晴天が続く東京では1週前に雨はなく、当日の馬場はさほど特殊な状態にはならないだろう。カデナとともに挑む福永騎手は、逆算の準備を武器に悲願のダービー制覇を果たせるだろうか。

 インタビューでは、福永騎手が過去17度の参戦でもっとも悔いが残るというダービーデビュー戦'98年のキングヘイローや、勝利が目前まで来ていた'13年のエピファネイアなど、過去のダービーについても深く語られています。また福永騎手とカデナとの意外で深い関係性もレース前に必読。全文は、Number927号「日本ダービー特集」でご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3
福永祐一
武豊
カデナ
ディープインパクト

競馬の前後の記事

ページトップ