“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

3番手4番手の男が一気にスタメンへ!
板倉滉が掴んだU-20W杯での居場所。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2017/05/23 11:00

3番手4番手の男が一気にスタメンへ!板倉滉が掴んだU-20W杯での居場所。<Number Web> photograph by Getty Images

U-20W杯の南ア戦での板倉。186cmの身長は、代表のボランチとして貴重な武器となっている。

自らの課題を語る板倉からは、自信が溢れていた。

 守備面ではプレスバックが遅れたり、プレスをかわされたりするなど、バタつく面も見られたが、後半に入ると徐々に落ち着きを取り戻す。61分には鋭い出足から高い位置でボールを奪い取ると、素早く小川に繋いでチャンスを演出。86分には左FKからドンピシャのタイミングでヘッドを放つが、これはGKに阻まれた。

 後半アディショナルタイム2分に足がつって原と交代となったが、ほぼフルタイムを戦い切り、2-1の勝利を掴みとった。

「後ろのCB2枚をサポートするプレスバックのスピードをもっと上げて行かないといけないと思っています。後半、追いついてから南アフリカが積極的に前に出てきて、ボールを保持できる時間は減りましたけど、そこで意識していたのがCBと自分のところの3枚で固めてしっかり守ること。

 本当は前からプレスに行ったりして連動したかったのですが、相手の迫力もあり、我慢をするしか無かった。それにミスがまだ多い。潰すべきところできちんと潰すプレーをしたいと思います」

 自己評価は厳しかった。だが、重要な世界の舞台で自らの序列を覆し、それに見合ったプレーを見せたのは間違いなかった。

「これからも今日みたいに粘り強く戦うことが大事だと思います。それに、自分達が我慢する時間帯はどの試合でも必ずある。相手側のペースのときに、いかに全員で粘りきることができるかが大事だと思います」

 その力強い言葉は、もはや3、4番手の選手のそれではなかった。

 自らの力で這い上がってきた自信を手にした彼は、川崎でも陽の当たる存在になることを心に誓いながら、U-20W杯を自身のサッカー人生の大きなターニングポイントにしようとしている。

関連記事

BACK 1 2 3 4
板倉滉
三好康児
川崎フロンターレ
中山雄太
冨安健洋
内山篤
町田浩樹
杉岡大暉
原輝綺
坂井大将
市丸瑞希
神谷優太

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ