Number PLAYBACKBACK NUMBER

ロジャー・フェデラー、復活を語る。
「自分がこんなにテニスが好きだとは」 

text by

ヘレン・スコットスミス

ヘレン・スコットスミスHeren Scott-Smith

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2017/01/30 12:40

ロジャー・フェデラー、復活を語る。「自分がこんなにテニスが好きだとは」<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

1981年8月8日、スイス・バーゼル生まれ。怪我のため昨夏から欠場し今季開幕から復帰。185cm、85kg。

「1位争いに、僕とラファもまた加われれば最高だ」

――自分が引退する時のことや、引退後を考えることはありますか?

「それはまだ、全く考えてないね。ただ休んでいる間に多くのファンが『ロジャーがいなくて寂しい』と言ってくれたのは、とても嬉しかったな。『フェデラーがいないテニス界は、もはや別世界だ』と書いてくれた人もいたしね。でも僕は今回休んでいる間に、自分がどれだけテニスに関心があるかを再発見して驚いたくらいなんだ。最近では何をしている時でも、いつもスタンやマルコ(・チウディネリ。スイス人選手でフェデラーの友人)の試合結果やスコアをネットでチェックしているし。どうやら僕自身は、僕のいないテニス界をも愛しているようだ。僕はこのスポーツに、どこまでも魅了されているんだよ。例えラファエル・ナダルやノバク・ジョコビッチ、フェデラーがいなくなっても、テニス界は大丈夫だね。

 とは言っても、自分が辞めた後を想像するのは難しいな。僕は、自分が世界各地のセンターコートで素晴らしい試合を演じる未来を信じている。今でも、全ての試合で勝ちたいんだ。(アンディ・)マリーとジョコビッチの1位争いに、僕とラファ(ナダル)もまた加われれば最高だ。世界中を飛び回る生活は家族にも負担を掛けてしまうけれど、それだけの価値があることだと分かっている。だからまだまだ、この先が楽しみでしかたないんだ」

 無垢なまでのテニスへの愛情を推進力に、今季、彼はコートへと帰ってくる。それは王の帰還となるか、あるいは世代交代の礎石となるか……? 変革期に突入するテニス界の舵を握るのは、やはりこの男だ。

(2017年1月26日Number919号 ロジャー・フェデラー「自分がこんなにテニスが好きだとは」/翻訳・構成:内田暁)

Go for the Top~2017テニス開幕特集~

Sports Graphic Number 919

Go for the Top
~2017テニス開幕特集~

 

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ロジャー・フェデラー
スタン・ワウリンカ
アンディ・マレー
ノバク・ジョコビッチ

テニスの前後のコラム

ページトップ