Number PLAYBACKBACK NUMBER

ロジャー・フェデラー、復活を語る。
「自分がこんなにテニスが好きだとは」 

text by

ヘレン・スコットスミス

ヘレン・スコットスミスHeren Scott-Smith

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2017/01/30 12:40

ロジャー・フェデラー、復活を語る。「自分がこんなにテニスが好きだとは」<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

1981年8月8日、スイス・バーゼル生まれ。怪我のため昨夏から欠場し今季開幕から復帰。185cm、85kg。

「スタンの全米優勝で、色々感じることもあった」

――楽しい日々に心惹かれながら、なぜまだ、テニスに戻ってきたいと思うのですか。

「その質問の意味は、十分に理解しているつもりだよ。だけど僕は、ほんの一瞬でさえも、『この生活を毎日送りたい』とは思わなかった。これだけテニスに人生を捧げてきたけれど、それでもまだ再びコートに戻り、自分のベストのプレーをできる日が待ち遠しくてしかたないんだ」

――精神的に充実しているようですね。

「その通りだと思うよ。それは、精神面を安定させるように、常にメンタルトレーニングしているからでもある。それに、スタン(・ワウリンカ)が全米で優勝した姿を見ることで、色々と感じることもあったんだ。彼が選手として、どれだけ自分を変えてきたか。いかに強くなりたいと望み、実際に自信を得てきたか。そういう姿が、僕にも良いイメージを与えてくれた」

「心配すべきは、他の選手たちの方じゃないかな?」

――来季のあなたのランキングは、16位まで下がります。上位シードではなくなるので、復帰後は厳しい戦いが予想されます。

「僕はむしろ、そのランキングから復帰するのを楽しみにしているくらいだけどね。心配すべきは、他の選手たちの方じゃないかな? 彼らは一所懸命にランキングをあげてようやくシードが付いたのに、トーナメントの早い段階……例えば準々決勝あたりで、僕と当たるかもしれないのだから。僕のランキングが16位まで下がるのは、2002年以降では初めてだと思う。でも、だからこそ楽しみなんだ。上位の選手たちは、僕と同じドローの山には入りたくないだろうね。もちろん僕も、強い選手たちと早い段階で当たるのだから、ランキングを元に戻すまでに時間が掛かるかもしれない。でもあらゆることが計画通りに進み、痛みが再発することなく復帰できれば、トッププレーヤーたちにもすぐに勝っていけると信じているんだ」

【次ページ】 自身が不在のテニス界に、フェデラーが感じたこと。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ロジャー・フェデラー
スタン・ワウリンカ
アンディ・マレー
ノバク・ジョコビッチ

テニスの前後のコラム

ページトップ