JリーグPRESSBACK NUMBER

小笠原満男が絵馬に書いた「世界一」。
レアル相手でも、ひょっとしたら……。
 

text by

松本宣昭

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph byAFLO

posted2016/12/17 11:00

小笠原満男が絵馬に書いた「世界一」。レアル相手でも、ひょっとしたら……。<Number Web> photograph by AFLO

小笠原満男は、誰よりもタイトルを持ちながら、誰よりも負けず嫌いのままでい続けている。彼の背中を見て、若手もそう育っていくのだ。

普通の選手は、タイトルを獲ると一度落ち着く。

 Number917・918号に掲載したインタビューでも、小笠原はチャンピオンシップ優勝直後にも関わらず、何度も何度も「これで満足しちゃいけない」「この先が大事」と口にした。

 この人は、なぜ何歳になっても貪欲でいられるんだろう。取材中、思わず聞いた。

 小笠原選手ほど何回も優勝を経験していたら、すぐにまたモチベーションを上げるのは、大変じゃないですか?

 闘将は、笑顔とともに即答した。

「大変じゃないっす。タイトルを獲る喜びを、一度、味わっちゃうとね。言葉にするのは難しいけど、優勝して嬉しいというよりも、またあそこに行きたいって思う。これは、Jリーグで3連覇した頃と変わらない。チャンピオンシップが終わったら、すぐにクラブW杯があって、天皇杯がある。周りからは忙しいように見えるかもしれないけど、またタイトルを獲る喜びを味わうチャンスがあるって思えば、楽しみでしょうがないですよ」

鹿島の25年の歴史で、紛れもなく最強の相手。

 チャンピオンシップ優勝からわずか2週間後、再びタイトル獲得の喜びを味わうビッグチャンスがやって来た。ただし、相手はあのレアル・マドリーだ。鹿島のクラブ創設25年の歴史の中でも、最強の相手であることは間違いない。

 だからこそ、問われるのは「割り切り力」だろう。チャンピオンシップ後のインタビューで、小笠原は勝因をこう語っている。

「常にスタイルを変えないチームもあるけど、チャンピオンシップのような勝負事では、絶対に割り切りも必要になる。守るときは、守る。例えば日本代表でも、サッカーのスタイルについてみんな議論するけど、やっぱりアジア予選で格下と戦う場合と、W杯本大会でブラジルと戦う場合とでは、展開も戦い方も違う。そういう駆け引きや試合運びは、もっと覚えるべきだと思うし、俺がこのチームで一番学んだことだから」

 おそらくクラブW杯決勝で、鹿島がボールを支配して相手を押し込む時間帯は、ほとんどないはず。その中で、いかに選手全員が「割り切り」、レアルの暴風雨のような攻撃を我慢強く耐えることができるか。そして嵐の中でもファイティングポーズを取り続け、強烈なカウンターパンチを繰り出すことができるか。

【次ページ】 レアルに勝つ確率はとてつもなく低いがゼロじゃない。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

小笠原満男
鹿島アントラーズ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ