SCORE CARDBACK NUMBER

スペイン人監督ブーム到来! 成功の鍵は
理想より現実!?~J2に大挙してやってきた
彼らの命運を握るのは~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2016/12/17 17:00

スペイン人監督ブーム到来! 成功の鍵は理想より現実!?~J2に大挙してやってきた彼らの命運を握るのは~<Number Web> photograph by Getty Images

ヴェルディのロティーナ新監督はレアル・ソシエダ、ビジャレアルなどで指揮をとってきた。

 スペイン人監督が日本に押し寄せている。すでにJ2の東京ヴェルディはミゲル・アンヘル・ロティーナ監督を、徳島ヴォルティスはリカルド・ロドリゲス監督を招聘した。フットサル日本代表監督もブルーノ・ガルシア監督と契約。国籍はアルゼンチンだが、現役時代にスペインでプレーした印象の強いジェフ千葉のフアン・エスナイデル監督も含め、ちょっとした「スペインブーム」ともいえる状況だ。

 スペイン人監督の増加は日本に限ったことではない。ここ10年間で、海外に仕事の場を求めるスペイン人監督は大きく増えた。特にワールドカップ優勝を成し遂げた2010年以降にその数は激増。現在も100人以上の監督がスペイン外で指揮している。無名の若手から、グレゴリオ・マンサーノ監督のように、名の知れたベテラン勢まで幅広い。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

東京ヴェルディ
ミゲル・アンヘル・ロティーナ
徳島ヴォルティス
リカルド・ロドリゲス
ブルーノ・ガルシア
ジェフ千葉
フアン・エスナイデル

Jリーグの前後のコラム

ページトップ