プロ野球PRESSBACK NUMBER

年間216安打の翌年は「中途半端」。
西武・秋山翔吾は不器用で、誠実。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2016/12/05 11:00

年間216安打の翌年は「中途半端」。西武・秋山翔吾は不器用で、誠実。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

今季は全143試合にフルイニング出場した秋山。2年連続3度目となるゴールデン・グラブ賞を受賞した。

何かを変えたいと思った時に、練習をこなす体力を。

 では昨年に比べ、比較的自由になる時間がある今年のオフはどのように過ごそうと考えているのだろうか。

「年齢とともに体力は落ちていくと言われています。そういう“練習ができる体力作り”は今の時期にしっかりやっておかないといけない。今から選手として突然、モデルチェンジすることはないですけど、自分が追求するスタイルの中で、よりこういう方がいいなと感じることは出てくると思うんです。そうやって、万が一“何かを変えたいな”と思ったときに、それに必要な練習量をこなす体力は絶対に必要です。やりたい練習が10回しかできないのと、100回できるのでは身につき方が違う。だから何かを改善して、自分のものにするときに必要な体力というのは、このオフの間につけておきたいですね」

 不器用だから練習時間が長くなる。「それを見て、秋山は生真面目だ、ストイックだと周りが勝手に思ってくれる」と自嘲気味に笑うが、自分に厳しく、自分を律することができる選手の言葉には、周囲の心を動かす説得力がある。ライオンズは来季から、浅村栄斗が新しくキャプテンを務めることが決定しているが、初めて大役を任された浅村にとってもおそらく秋山は頼もしい存在となるはずだ。

「とにかく悔しい1年だった」と語る'16年を糧に、辻発彦新監督のもと、ライオンズは生まれ変わることができるのか。

 秋山の「数字に表れない働き」も、その鍵を握っている。

関連記事

BACK 1 2 3 4
秋山翔吾
埼玉西武ライオンズ
森友哉
金子侑司

プロ野球の前後の記事

ページトップ