球道雑記BACK NUMBER

涌井秀章の横に石川歩がいる……。
後半戦ロッテは2人のエースで逆襲へ。 

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2016/07/12 07:00

涌井秀章の横に石川歩がいる……。後半戦ロッテは2人のエースで逆襲へ。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

プロ入りして1年目に10勝、2年目に12勝、そして3年目の今年は7月段階ですでに9勝している石川。

ヨガとピラティスを加えて、心身ともに調整を。

 今季、石川は先輩の涌井秀章の投球を参考に、試合展開に合わせたメリハリを意識して投げている。

 勝負どころでは力を入れて、1点、1安打にこだわらなくてもいい場面では多少、割り切って投げる。そういう考えだ。

「今年はある程度調子が悪くてもなんとかできるフォームで投げられているので、ギアを上げたいときに、上げられているんだと思います、たぶん……。というのも僕でもよく分からないところがあるんですよ。自然にやって、そうなっている感じなんで、意識してやっている風ではないんです」

 さらに石川はリラックス効果と体調管理を兼ねて、ヨガとピラティスに取り組んでいる。

 マウンドで無心になれるのはヨガの効果、思い描くフォームで投げられているのはピラティスの効果が大きいと話す。

田村「ワクさんに似てきたと思う」

 今年の石川は一皮も二皮も剥けたそんな印象を我々、見ている側に与える。

 その辺りの変化について、キャッチャーの田村龍弘に訊くと彼はこう答えた。

「打たれちゃいけないポイントとか、ギアの入れ加減とか、ワクさんに似てきたと思う」

 千葉ロッテには涌井と石川という、ここ一番で“負けない”大黒柱が2人いる。当然、千葉ロッテの後半戦の展望は明るい。

 7月10日現在、首位の福岡ソフトバンクとのゲーム差は8に広がった。2位の座も北海道日本ハムに譲っているが、それでも選手、および首脳陣に悲壮感はまるで感じられない。

 昨年はオールスターまでの前半戦を37勝42敗1分の借金5で折り返した。今年は前半戦あと2試合を残して47勝35敗1分で貯金が12。

「ここまでの前半戦は想定内」と伊東監督。手応えも感じている。

 ここからが“逆転のロッテ”の真骨頂。その戦いに2人のエースがどう絡んでいくのか注目したい。

関連記事

BACK 1 2 3
石川歩
涌井秀章
菅野智之
大谷翔平
有原航平
則本昂大
和田毅
田村龍弘
千葉ロッテマリーンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ