炎の一筆入魂BACK NUMBER

広島快進撃の裏に、この人あり。
赤松真人は絶対に欠かせぬ“代走”。 

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2016/06/24 11:00

広島快進撃の裏に、この人あり。赤松真人は絶対に欠かせぬ“代走”。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

赤松真人は33歳、プロ14年目のベテラン。守備でも賞賛されてきたが、現在は代走のスペシャリストとしてチームに貢献する。

レギュラーと同じくらいの欠かせない代走に。

「当然、選手である以上、レギュラーとなるのが1番。僕もそこを目指してやってきた。ただすべてを追いかけても掴めないこともある。自分を客観視してできることは見えてくるはず」

 厳しいプロの世界で生きていく道は人それぞれ。赤松は代走のスペシャリストとしての道を選び、誰もが踏み入れられない領域に入った。もはやレギュラークラスと同じくらい替えが利かない選手。チームには欠かせない1ピースとなったと言える。

 赤松と同じように、小窪や松山は右と左の代打という切り札を担う。ベテランと若手の間で、中堅選手は損な役回りが多くなっている。だが、彼らの存在、彼らの働きが、これからの戦いの中でチームの命運を左右するかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3
広島東洋カープ
赤松真人

プロ野球の前後の記事

ページトップ