プロ野球亭日乗BACK NUMBER

オコエ瑠偉と松井秀喜の共通点とは。
高卒ルーキーなら“フルスイング”! 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2016/06/24 07:00

オコエ瑠偉と松井秀喜の共通点とは。高卒ルーキーなら“フルスイング”!<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

日々、野球ノートをつけ、必死で一軍定着を目指すオコエは、高卒ルーキー1号目の本塁打を放った。

オコエも、同じ言葉をかけられた。

「とにかくフルスイングしろ!」

 同じ言葉を、オコエを特集したあるテレビ番組で聞いた。

 高卒ルーキーながら開幕一軍ベンチ入りを果たしたオコエが、二軍に落とされたのは4月14日のことだった。

 そこまで主に代走と守備固めで11試合に出場。4月3日の西武戦での先発も含めて8回打席に立ったが、四球を1つ選んだだけで安打は1本もなかった。

 そうしてファームにやってきたオコエに二軍の河野亮打撃コーチが言ったのが、この言葉だったのだという。

プロの変化球に、当てにいってはいけない。

 期待されながら思うように打てず二軍に落とされた若い選手が、まず求めるものは結果である。ヒットを打って打率を残し、監督やコーチに認められなければならない。高卒ルーキーが一番手こずるのがプロの変化球で、その変化球を打つためにどうしたらいいかを考えると、ついついスイングが小さくなって、いわゆる合わせにいくバッティングになりがちである。

 だが、一軍で本当に通用する打者になるためには、実はそれがマイナスなのだと河野打撃コーチは言うのだ。

「バッターというのは、合わせに行ったらボールを打つ感覚がつかめないんです。とにかくフルスイングする中で、ボールを捉える感覚を養っていくことが大切。そうしないと一軍で通用するバッターには絶対になれない。だから彼には、ずっとフルスイングをしろ! とそれだけを口を酸っぱく言い続けました」

 松井さんも末次監督に言われて、とにかくファームでフルスイングに努めたという。

「やっぱりファームだと変化球の切れも一軍ほどはないし、甘い球もくる。フルスイングする中で結果も残せるんです。そうやって、バットがだんだん振れるようになっていった。だからファームに落ちたときの末次さんの言葉っていうのは、僕にとっては凄く大きかったんだと思います」

 松井さんもフルスイング効果をこう語っていた。

【次ページ】 今永昇太からの初本塁打を生んだもの。

BACK 1 2 3 NEXT
オコエ瑠偉
松井秀喜
長嶋茂雄
東北楽天ゴールデンイーグルス

プロ野球の前後の記事

ページトップ