JリーグPRESSBACK NUMBER

ACLで浦和がFCソウルに先勝。
Kリーガー高萩洋次郎と日韓新時代。 

text by

吉崎エイジーニョ

吉崎エイジーニョ“Eijinho”Yoshizaki

PROFILE

photograph byMasashi Hara/Getty Images

posted2016/05/19 15:00

ACLで浦和がFCソウルに先勝。Kリーガー高萩洋次郎と日韓新時代。<Number Web> photograph by Masashi Hara/Getty Images

球際で激しく競り合う高萩と槙野。擬似日韓戦とも言える試合は、まさにアジアの頂点を目指すに相応しい熱戦となった。

「ACLで優勝するためにこのチームに来た」と明言。

 今回の試合の前日会見では、チェ・ヨンス監督とともに登壇し質問に答えた。

 本人は「ACLで優勝するためにこのチームに来た」という点を強調し、Kリーグで学んだこととしては「フィジカルコンタクト」を挙げていた。いっぽう、チェ・ヨンス監督に彼の評価を聞くと、こんな答えが返ってきた。

「日本選手らしい精密なプレー、創造力あふれるプレーができる選手です。我々のチームで最高のプレーを見せてくれている。そこには本人の絶え間ない努力があると思います。彼の自己管理にプロフェッショナルな姿を感じるのです。いなくてはならない存在。我々としても学ぶべき点が多い選手だと思っています」

――明日の対戦に関していえば、どういった点を期待するでしょう?

「浦和の屈強な攻撃力に対峙するために、彼の守備力、判断能力、コミュニケーション能力、ポジショニング、そういった力が発揮されることを期待しています」

“守備力”の項目が加わるあたり、確かに彼の成長を感じさせた。浦和の槙野も対戦の印象を「昔はフィジカルコンタクトを避けるスタイルだったのに、大きく変わっていた」と口にしていた。

 選手からの評価はどうか。

 アウェーで敗れ、多くの選手が足早に立ち去るなか、なんとか元アーセナルのパク・チュヨンの歩みを止めることができた。元々メディアをあまり好まないことで知られる彼は、試合自体については「いいスタジアムだと感じました」など答えをはぐらかすなか、高萩に関してだけは、はっきりとこう答えた。

「韓国選手と同じくらいに戦う気持ちを持っている選手です。また韓国文化を学ぼうとする姿勢がどん欲だから、選手たちとも非常によいコミュニケーションが取れています」

 Jリーグチームの行く道に立ちふさがる日本人プレーヤー。新たなACLの醍醐味だ。

 当然、日本チームをよく知るというアドバンテージが高萩にはある。こういった複雑な“困難”を克服したほうが勝利の味は増すというものだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
浦和レッズ
FCソウル
高萩洋次郎
チェ・ヨンス

Jリーグの前後の記事

ページトップ