猛牛のささやきBACK NUMBER

甲子園準優勝でなぜドラフト6位?
佐藤世那の「ハンデと野球カード」。
 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2016/02/09 12:00

甲子園準優勝でなぜドラフト6位?佐藤世那の「ハンデと野球カード」。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

新入団選手発表で、球団マスコットとともに笑顔の佐藤世那。甲子園準優勝投手にしては大きな背番号67が彼の立場を物語る。

仙台育英の監督がかけた「アームの星になれ」。

 仙台育英の佐々木順一朗監督は、佐藤の個性を尊重し、無理に変えようとはしなかった。むしろ、こう言ってハッパをかけ続けたという。

「アームの星になれ」

 その言葉を胸に、佐藤はプロの門をたたいた。

 ドラフト6位での入団。しかし佐藤は「プロになったらみんな一緒」と堂々と構える。

「ドラフト1位が必ずしも活躍するわけではないし、下位の人が活躍しないわけでもない。結局はみんな同じスタートラインからいっせいにスタートすると思うので、ポジティブに、自分次第なんだ、ということを信じてやっていきたいと思います」

野球カードの裏に書いてあった順位の思い出。

 子供の頃、お菓子についている野球カードを集めるのが大好きだった。カードの裏の選手プロフィールには必ず「ドラフト何位」と書かれている。

「それを見て、『5位とか6位でもこんなにすごい選手になれるんだ』とか『こんな有名な選手でも下位だったんだ』と思ったことが何回もあったし、それを見ると嬉しかった。自分もそういう存在になりたいですね」

 どんな質問にも迷いなく堂々と答える姿には、18歳とは思えない貫禄が漂う。

 独特のフォームも、ドラフト下位指名も、佐藤はまったくハンデだとは捉えていない。すべては「自分次第」。そんな覚悟を持って、待ち望んだプロの世界に踏み出した。

関連記事

BACK 1 2 3
オリックス・バファローズ
佐藤世那
オコエ瑠偉
清宮幸太郎
平沢大河
高橋純平
小笠原慎之介
仙台育英高校

プロ野球の前後の記事

ページトップ