“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

U-23の守護神はこうして生まれた……。
GK櫛引政敏を見守る、ふたりの恩師。

posted2016/01/30 07:00

 
U-23の守護神はこうして生まれた……。GK櫛引政敏を見守る、ふたりの恩師。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

ファインセーブで何度も手倉森ジャパンの危機を救った櫛引。この1月には期限付き移籍で鹿島アントラーズに活躍の場を移すことが発表された。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

 ゴールキーパー櫛引政敏のサッカー人生において、欠かすことの出来ない存在が2人いる。

 青森市に生まれ育った櫛引は、小5のときにフットサルでGKを経験したことをきっかけに、本格的にフルコートでもGKになった。地元の名門・青森山田中に入学すると、鋭い反射神経とバネを武器に、柴崎岳と共に2年時の全国中学校サッカー大会で3位、3年時の同大会で準優勝を果たすなど着実に結果を残し、青森山田高校に進学した。

 1年時からAチームに入れはしたが、当初は1学年上の2年生GKが守護神の座に就いていた。だが高校入学時には170cm台だった身長が急激に伸び、秋になる頃には183cmに。そこから、彼の境遇は大きく変わった。

「マサ(櫛引)はそれまで『大きくないGK』としてやって来た分、身体の動きのシャープさと反応の鋭さは、身長が伸びてもそのまま残っていてくれた。だからこそ彼に将来性を感じて、経験を積ませればプロでも通用する選手になれるのではないかと思うようになった」

 青森山田高校サッカー部監督の黒田剛は彼のポテンシャルに目をつけ、高校選手権の大舞台で彼を正GKに抜擢した。だが、1年生守護神で臨んだ第87回選手権において、青森山田は初戦で鹿児島城西高校(鹿児島)を相手に、大迫勇也(現・ケルン)の2ゴールを含む大量4失点を喫し、3-4で敗退という憂き目に遭う。この試合、櫛引はポジショニングの甘さを大迫に面白いようにつかれていた。

「完全にやられた。大迫選手は本当に凄かった。コースを徹底して狙われて、何もさせてもらえなかった」(櫛引)

 だがこの大舞台での屈辱が、彼の運命を大きく切り開くことになる。

スケール感はあるがミスが多い……。

 黒田はこの敗戦を受けて、櫛引に対してこう考えるようになった。「スケール感はあるのに、判断ミスとポジションミスが多い。でも裏を返せば、ここを直すことが出来れば、より凄い存在になれる。あいつは性格的にもふてぶてしいし、度胸が据わっている。だからこそ、彼を育てるGKコーチが必要だ」と――。

 人材のあての思案を続ける中、1人の男が浮かび上がった。

 それまで流通経済大柏高校(千葉)、桐生第一高校(群馬)でGKコーチをし、林彰洋(現・鳥栖、流通経済大柏出身)を育てた湯田哲生だ。

 彼は大分工業高校(大分)を卒業後ウルグアイに渡り、名門ペニャロールなどでプレーし、現役引退後はGKコーチとして実績を積んできていた。

【次ページ】 「櫛引をプロにするために、ウチで指導を」

1 2 3 4 NEXT
櫛引政敏
湯田哲生
黒田剛
青森山田高校
清水エスパルス
鹿島アントラーズ
リオデジャネイロ五輪
オリンピック

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ