プロ野球亭日乗BACK NUMBER

新シーズンの巨人はどうなる?
堤辰佳GMに本音インタビュー敢行!
 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2016/01/30 12:00

新シーズンの巨人はどうなる?堤辰佳GMに本音インタビュー敢行!<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

ドラフト1位の桜井俊貴(立命大)のもとへ指名あいさつに赴いた時の堤GM。

スーパースターが引退し、次のスターが育っていない。

――現状はどう分析しますか?

「ちょっと前のスーパースターが引退して監督になり、その次を張った阿部慎之助という選手も、力が落ちてきた。本来は阿部の次にいなければいけなかった坂本、長野という選手が伸び悩んでいる。あの2人は普通にやっていればスターになっている選手だと思っています。それで、まずは彼らに高橋監督から息を吹き込んでもらって、もう1度スターになってほしい。ここが最初です」

――なぜ坂本と長野は本当のスターになれていないと考えますか?

「巨人軍の伝統として本来ならもうちょっとシビアであるべき色んなことに対して甘かったのではないでしょうか」

――それでも彼らの復活に期待するのは?

「現状の戦力を客観的に分析したら、彼らがスターになってもらわないと困るということです。先々のことを考えたら、そのとき誰がいるのかというと、いま正直、いませんから」

若い選手をムリして使い続けることはなくなる。

――ここ数年の大田泰示外野手や昨年の岡本和真内野手などに対しては、我慢して使って欲しいというファンの声もありますが……。

「監督の交代があり、野球賭博の問題のある中でチーム編成を考えました。結論として、若い選手をムリしてでも使い続けてほしいというところにチームの軸足はありません」

――ないですか……。

「例えば岡本について言えば、客観的にレギュラーに値しないのであれば、それは別の人がサードを守ればいいということです。ムリしてでもサードに置いて鍛えてほしいというようなことは考えていません。高橋監督にもお願いしていません。だったら村田(修一内野手)とクルーズで勝負してくれていい。ただ、もし希望を言わせてもらえるならオールスターが終わった後ぐらいに岡本がサードでレギュラーとしてどっしり座ってくれたらありがたいけどね。そういうような表現ですかね」

――岡本そのものの能力評価は?

「彼は2年目ですし、去年1年間は2カ月間ケガで基礎体力的なものをやっていません。昨年の台湾のウインターリーグで成績が良かった(打率3割8分8厘、3本塁打)といっても、僕も観ましたけど投手のレベルがあまりに低い。あれで岡本が伸びたというような話も出ているけど、あそこで4割打っても、すぐに一軍のサードでやれるとは僕は思っていない。ただ今のチーム状況、村田も成績的には落ちてきているし、岡本がそれぐらいのレベルには達しているのであれば、キャンプからサードで勝負するのはいいです。ただムリして使って欲しいという希望はないです」

【次ページ】 なぜ次代の軸となる選手が現れないのか?

BACK 1 2 3 4 NEXT
高橋由伸
阿部慎之助
坂本勇人
長野久義
堤辰佳
ギャレット・アンダーソン
ルイス・クルーズ
大田泰示
岡本和真
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ