SCORE CARDBACK NUMBER

平沢大河のスター性に、「あの男」を思い出す――。~センスとムラっ気といえば、新庄剛志!?~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byKYODO

posted2016/01/30 16:00

平沢大河のスター性に、「あの男」を思い出す――。~センスとムラっ気といえば、新庄剛志!?~<Number Web> photograph by KYODO

昨夏の甲子園は打率2割4分で3本塁打。入団会見で将来の夢を「世界征服です」と発言。

 昨秋のドラフト前、彼に関して耳にしたのは、必ずしも高い評価ばかりではなかった。三拍子揃った即戦力の内野手で、野球センスの塊だという賛辞の一方、センスがありすぎて気持ちにムラがあり、確実性を欠くのではないかと不安視する声も同時に聞こえてきた。

 マリーンズの平沢大河のことだ。

 彼を1位で入札しながらクジを外したイーグルスの星野仙一副会長が「いずれは鳥谷敬を抜くんじゃないか」と発言し、クジを引き当てたマリーンズの伊東勤監督は「秋山幸二のようなバッターになるかもしれない」と夢を語る。高卒1年目の野手で新人王を獲ったのは28年前の立浪和義が最後だということもあって、平沢の姿を立浪に重ねる声もある。しかし、平沢はこう言って自分を見つめる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 607文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

“エディー後”のジャパン。~特集 日本ラグビー「再生」~
平沢大河
千葉ロッテマリーンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ