One story of the fieldBACK NUMBER

金本新監督が惚れ込んだ“義”の男。
片岡篤史コーチの「厳しさと懐」。 

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2016/01/24 10:40

金本新監督が惚れ込んだ“義”の男。片岡篤史コーチの「厳しさと懐」。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

秋季キャンプの初日、伊藤隼太に打撃指導する片岡コーチ。猛虎復活のキーマンとなれるか。

「俺が俺でなくなってしまうんや」

「なぜ、片岡さんが辞めないといけないんですか」

 筆者もそうだった。辞任の情報を聞いた日の夜、電話を鳴らした。

 まだ新監督の体制1年目。監督だって辞めない。来年、やり返せばいいのでは――。

「ありがとうな。でも、責任はあるよ。それにな。これで続けたら俺が俺でなくなってしまうんや」

 金になる世界だ。現職にしがみつく人間だっている――。そんな記者の胸中も見通して、こう続けた。

「しがみつくのは悪いことじゃない。みんな生活があるんだから。それを批判したらあかんで」

あるべき姿を常に貫く「義」の人だ。

 厳しい人だった。挨拶の仕方、質問の仕方から酒の飲み方、カラオケの選曲まで……。ただ、最も厳しいのは自分に対してだった。責めを負う立場にあれば、針のむしろに立ち、すべてが終わった後で身を引く。男としてあるべき姿を常に貫く「義」の人だ。だから何度会っても、背筋が伸びる。それでいて「利」に走る人を許容する懐も持っている。

 そんな人に仕事はめぐってくる。その「義」に男が惚れるのだろう。あの2012年、選手として片岡コーチの姿を見ていた金本監督が今度は自らの右腕として呼んだのだ。

【次ページ】 若き指揮官を助ける同志たち。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

金本知憲
矢野燿大
和田豊
阪神タイガース
片岡篤史

プロ野球の前後のコラム

ページトップ