プロ野球亭日乗BACK NUMBER

2016年は「攻撃的2番打者」元年に?
梶谷隆幸は第2の成功例になれるか。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2016/01/08 10:50

2016年は「攻撃的2番打者」元年に?梶谷隆幸は第2の成功例になれるか。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

2015年、主に3番を務めた梶谷は打率.275、13本塁打、66打点、28盗塁の記録を残した。2016年はラミレス新監督の期待に応えられるか。

攻撃的な2番打者のトレンドは完成するか。

 実は他チームにも、そうした攻撃的2番は少なからずいるのである。

 たとえば西武では、栗山巧外野手がその役割を担っている。また昨シーズンは28試合で2番を打っているロッテの角中勝也外野手も、今季はさらに攻撃的2番打者として期待がかかるシーズンとなるだろう。

 さらに、巨人でも昨年18試合で2番を打った立岡宗一郎外野手は、攻撃的2番打者の要素を満たす選手の一人だ。昨シーズンの終盤は出塁率の高さから1番に立岡、2番に片岡治大内野手という並びとなったが、むしろこの1、2番を入れ替えればより攻撃的な選択が可能になるはずである。

 もちろんポストシーズンなどの短期決戦や、ゲーム終盤の必ず1点を奪いに行かなければならない場面では、バントの重要性は否定できない。ただ、長いシーズンでチームの得点力を高めていくためには、この攻撃的2番打者は一つのトレンドとして日本球界にも定着していくはずである。

 そういう意味でラミレス監督と梶谷の挑戦は、日本球界に風を吹き込むきっかけになるはずだ。梶谷の2番が成功すれば、昨年のヤクルト・川端の成功との相乗効果で、必ず日本球界にも攻撃的2番打者のトレンドを作ることにつながるはずである。

関連記事

BACK 1 2 3 4
梶谷隆幸
横浜DeNAベイスターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ