ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

野球史上12人の伝説が蘇る、熱のこもった“声帯描写”。~『伝説のプロ野球選手に会いに行く』を読む~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2016/01/06 07:00

野球史上12人の伝説が蘇る、熱のこもった“声帯描写”。~『伝説のプロ野球選手に会いに行く』を読む~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『伝説のプロ野球選手に会いに行く』高橋安幸著 廣済堂文庫 714円+税

「そう、小倉球場の試合ではね、えらい雨が降ってね。ベーブ・ルースの野郎が傘さして、長靴履いて一塁を守ってた」。語るのは苅田久徳、プロ野球創成期の名二塁手だ。昭和9年(1934年)の大リーグ選抜チームとの試合の思い出。苅田も認めた名二塁手・千葉茂は“ライト打ちの名人”でもあった。「ライト打ちっていうのはね、頭はいるけど力はいらない」と打撃術を楽しげに続ける。フォークボールの杉下茂は“魔球”会得秘話から使い方の美学まで、延々と披瀝する。ウォーリー与那嶺の「日本野球を変えた」走塁は自身が持ち込んだ直輸入ではなく、「日米野球で来た大リーガーに聞いて」磨いた。「1年でも悪かったら、ガイジンはすぐクビになっちゃうからね」。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 562文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

FIGURE SKATING CLIMAX 2015-16

Sports Graphic Number 892

FIGURE SKATING CLIMAX 2015-16

 

プロ野球の前後の記事

ページトップ