フットボール“新語録”BACK NUMBER

ホッケーの代表監督を引き抜いた!?
独サッカー協会の仰天プロジェクト。

posted2015/12/06 10:30

 
ホッケーの代表監督を引き抜いた!?独サッカー協会の仰天プロジェクト。<Number Web> photograph by Getty Images

ロンドン五輪でホッケーの男子代表を率いて金メダルを獲得した名将のヴァイゼがドイツサッカー協会入りした。

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph by

Getty Images

「GKコーチだけでなく、攻撃コーチ、守備コーチ、技術コーチ、戦術コーチなど、スペシャルコーチを増やすことを計画している」

ハンジ・フリック(ドイツサッカー協会スポーツディレクター)

 ドイツサッカー協会(DFB)が「100年に1度」のプロジェクトを始動させた。

 これまでドイツ代表には決まった練習拠点がなく、年代別代表を統括するエリートセンターもなかった。そこで今回、ドイツ代表のマネージャーのオリバー・ビアホフが発起人となり、スポーツディレクターのハンジ・フリック(前ドイツ代表コーチ)のサポートを受け、近代的な「DFBアカデミー」を設立することになったのである。

 フランクフルト中央駅からコンメルツバンク・アレナに向かう途中にある競馬場を閉鎖し、その広大な敷地にDFB本部、A代表の練習場、年代別代表の施設、監督養成所、審判養成所、室内サッカー場が建設される。

 建設の総予算は1億900万ユーロ(約142億円)。ガンバ大阪の新スタジアムの総工費とほぼ同じ金額だ。室内サッカー場だけで26億円かかり、地元から反対の声も挙がったが、今年6月の住民投票によって正式にゴーサインが出た。

 だが、いくら資金を投じて最先端のハードをそろえても、ソフトが古びていては機能しない。すでにドイツは2000年の大改革によって「育成大国」になっているが、さらに他国の先を行くべく、DFBアカデミーの指導法や人材にこだわろうとしている。

 スポーツディレクターのフリックは、DFBの公式サイトでこう語った。

「まだサッカー界では、プレーの効率を測ることができていない。ゴールやアシストは誰でもいいとわかるが、スペースへのフリーランニングや、自陣での横パスに、各場面でどんな効果があるかを測れていない。その複雑な現象を数値化する技術を発展させたい」

サッカーにはまだ開発すべき余地がたくさんある!

 指導者の概念も変えるつもりだ。これからは専門知識がより重視される。

「GKコーチだけでなく、攻撃コーチ、守備コーチ、技術コーチ、戦術コーチなど、スペシャルコーチを増やすことを計画している。この分野に、ものすごく大きな可能性がある。睡眠や健康に関する研究も取り入れる。W杯は短期決戦なので回復が鍵になる。何時に現地に到着し、何時に出発するといった医学的知見がとても重要なんだ」

 そしてフリックは続けた。

「さらに私たちは他のスポーツに目を向け、そこから専門知識を吸収していかなければならない」

【次ページ】 他ジャンルの名将を強奪したドイツサッカー協会。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

オリバー・ビアホフ
ハンジ・フリック
マルクス・ヴァイゼ
原辰徳
エディー・ジョーンズ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ