SCORE CARDBACK NUMBER

欧州サッカー界で問題化する「イスラモフォビア」とは?~厳戒態勢のクラシコで目撃したある風景。~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/12/06 08:00

欧州サッカー界で問題化する「イスラモフォビア」とは?~厳戒態勢のクラシコで目撃したある風景。~<Number Web> photograph by Getty Images

複数のセキュリティチェックを設け警備員2400人態勢の試合はバルサが4対0で大勝。

 11月21日に行われたレアル・マドリー対バルセロナのクラシコは、パリでの連続テロ後初のビッグイベントということもあり、厳戒態勢が敷かれていた。

 ベルナベウの周囲には3重の警備網がはられ、警備員が鋭い視線で荷物に目を光らせていた。スタジアムを見上げると、黒いライフルを持った特殊部隊が屋根の上からこちらに銃口を向けていた。

 荷物検査とボディチェックが入念に行われたため、普段よりも行列がゆっくりと進む中で、こんな光景に出くわした。

 密集する行列に並んでいた中東のファン数人が、アラビア語で歌いながら騒ぎ始めた。すると、我先に入ろうと押しあっていた観客たちがさっと引くように彼らから離れ、不審者でも見るかのように、顔をしかめて遠巻きに眺めはじめたのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 569文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

特集 日本ラグビー新世紀桜の未来。
レアル・マドリー
バルセロナ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ