#sotaronbaBACK NUMBER

NBAでとんでもない記録が更新中!
王者ウォリアーズ、驚異の連勝記録。 

text by

長澤壮太郎

長澤壮太郎Sotaro Nagasawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/12/04 15:00

NBAでとんでもない記録が更新中!王者ウォリアーズ、驚異の連勝記録。<Number Web> photograph by Getty Images

右から、暫定HCのルーク・ウォルトン、ステフィン・カリー(30番)、ドレイモンド・グリーン(23番)、アンドレ・イグダーラ(9番)。

カリーの強さというよりヘッドコーチの強さ!?

 シーズン初めは、ステフィン・カリー筆頭に選手の実力で連勝していると思われていましたが、記録を更新する頃からルーク・ウォルトン暫定ヘッドコーチの手腕に注目が集まり始めました。

 ルークは、NBA殿堂入りした父を持ち、現役時代はレイカーズでコービーと共に活躍しました。現役終盤、背中を痛め長期リハビリをしている時、名将フィル・ジャクソンに声をかけられコーチの輪に入れてもらったのをキッカケに、フィルの帝王学を学びました。

 当時コービー・ブライアントが、「平均的な能力しかないことと、背中を痛めているという点がフィル・ジャクソンと同じだから、次の名将になれる」と皮肉まじりにルークを励ましたこともありました。

 さすがコービー、先見の明がありましたね。

圧倒的な守備力に爆発的な攻撃力が加味。

 彼らが圧倒的に強い理由はどこにあるのでしょう?

 ステフィン・カリーの活躍については前回のコラムで触れましたので、今回はチーム力に注目してみます。

 カリーのおかげで圧倒的な攻撃スタイルが目立ちますが、このチームの根本的な構造は、機動力のあるディフェンス重視の選手層にあります。ディフェンスランキングは昨年度1位。今シーズンも現時点で5位です。ウォリアーズの強みは“ディフェンスのすごく固いチームに爆発的な得点力がプラスされた戦力”と考えていいでしょう。

 ウォリアーズの心臓と言えるドレイモンド・グリーンの存在も忘れてはなりません。

 チーム1の情熱と精神力で、リーダーシップを発揮しています。どんな局面でも折れない精神的主柱のグリーンと、静かに闘志を燃やし相手を翻弄するカリー、2人のバランスの良さも今のウォリアーズの強みです。

【次ページ】 2カ月間の勝ち星ゼロなのに月間最優秀監督賞受賞!?

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ステフィン・カリー
スティーブ・カー
ロサンゼルス・レイカーズ
ゴールデンステート・ウォリアーズ
ルーク・ウォルトン
ドレイモンド・グリーン
コービー・ブライアント
フィル・ジャクソン

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ