モーターサイクル・レース・ダイアリーズBACK NUMBER

「マレーシア事件」その後の顛末。
ロレンソが王者に、ロッシは……。 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2015/11/20 10:30

「マレーシア事件」その後の顛末。ロレンソが王者に、ロッシは……。<Number Web> photograph by Satoshi Endo

バレンシアの表彰台に立ったのは、ロレンソ、マルケス、ペドロサのスペイン勢3人。ロッシはトップから20秒ほど遅れての4位に終わった。

表彰式でマルケス、ロレンソにブーイングが。

 この3人のコメントを受けて、ヨーロッパのマスコミ(特にイタリア)は得意とする対立の構図を作り出していく。

 誰が何を言ったか、ということについては切りがないのでここでは書かないが、ロッシが、マルケスがロレンソを抜かなかったことに腹を立て、「最悪のレース」と酷評したことが、レース後の舌戦のきっかけとなっていた。

 正直、僕も「マレーシア事件」のその後について、何をどう書けばいいのか迷った。いろんなことが次々に起きたし、それは想像を超えるものだったからだ。

 ロッシファンがロッシを応援するのはあたりまえである。そして、サーキットにいる多くの観客がロッシファンだということもまた、間違いない事実である。

 それを象徴するのが、レース後の表彰式だった。コース上を埋めたロッシファンは、2位になったマルケスに大きなブーイングを浴びせた。さらに、優勝して逆転チャンピオンになったロレンソには、それ以上のブーイングが集中した。

 チャンピオンが決まったレースだというのに、これまで見たことのない気分の悪い表彰式だった。

ロッシが牙をむくのは、決まってライバルたち。

 多くのロッシファンが、「ロッシにとっては6年ぶりのチャンピオン獲得のチャンスだった。それをマルケスがぶちこわした」と思っている。

 しかし、チャンピオンシップのチャンスをぶちこわしたのは、マレーシアで頭に来たロッシがマルケスを転ばせたことにあるのではないか。

 ビアッジ、ジベルナウ、ストーナー、ロレンソ……これまで僕は何度も書いてきたが、ロッシが牙をむくのは、決まってチャンピオン争いをするライバルたちである。

 今年の開幕前にロッシは、「チャンピオンになるためにはマルケスに勝たなくてはいけない」と語り、マルケスとの対決ムードを高めている。

 そしてアルゼンチンGPでは、マルケスと接触してマルケスが転倒した。この転倒がきっかけとなり、マルケスは失ったポイントを挽回するために無理なレースを続け、チャンピオン争いから脱落していく。

 その結果、ロッシはロレンソとのチャンピオン争いをすることになった。


【次ページ】 ロッシだからこそあの程度の裁定で済んだ。

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT
ヴァレンティノ・ロッシ
マルク・マルケス
ダニ・ペドロサ

MotoGPの前後の記事

ページトップ