月刊スポーツ新聞時評BACK NUMBER

プチ鹿島、10月のスポーツ新聞世相。
巨人監督人事をめぐる「空白の一日」。 

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/11/04 16:15

プチ鹿島、10月のスポーツ新聞世相。巨人監督人事をめぐる「空白の一日」。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

秋季練習に合流した高橋由伸監督(中央)。江川氏有力説も飛び交ったが、高橋氏が現役を引退し監督に就任することが決まった。

「キヨシ、山田に熱血指導」

 実はこの第3戦の朝(10月27日)、スポーツ新聞にはあるエピソードが載っていた。

「悩める山田に空港でキヨシ教室」(サンスポ)、「キヨシ、山田に熱血指導」(スポーツ報知)

 第1、2戦の山田哲人の不振をみた中畑清が、移動中の空港でバッタリ山田に会い「もっときっちり振り切らないと。怖さがないぞ」「あのスイングにウチはやられたんだから」とアドバイスをしたのだ。

 すると、その夜に3連発。凄いぞ中畑! キヨシ株もあがった夜だった。

 私は翌日の第4戦を神宮で観戦したのだけど、トリプルスリーの山田哲人と柳田悠岐を1枚のチケットで観れる幸せを感じた。この日も熱戦で良い試合だった。

 野球は金を賭けなくても面白いのだ。

 以上、10月の「月刊スポーツ新聞時評」でした。
 

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4
原辰徳
読売ジャイアンツ
横浜DeNAベイスターズ
中畑清
江川卓
高橋由伸
金本知憲
アレックス・ラミレス
阪神タイガース
平沢大河
千葉ロッテマリーンズ
オコエ瑠偉
山田哲人
柳田悠岐
東京ヤクルトスワローズ
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後のコラム

ページトップ