野球善哉BACK NUMBER

オコエ&清宮より津田&舩曳!?
U-18野球W杯、いぶし銀の選手たち。  

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2015/08/31 12:35

オコエ&清宮より津田&舩曳!?U-18野球W杯、いぶし銀の選手たち。 <Number Web> photograph by Kyodo News

「開催国として恥じない、悲願の世界一を勝ち取りたい」と大会前に宣言していた西谷監督。チェコとメキシコにも勝って一次リーグ全勝を誓う。

オコエ、清宮もいいが……今大会は津田と舩曳か!?

 オーストラリア戦を終えて、西谷監督はこんなことを語っている。

「津田は、とにかくしぶとい選手。代表チームは急造チームですので、どうしても打線のつながりの部分で物足りなさがある。そこで、津田にはつなぎに徹してもらえればと、2番で起用しているわけです。

 (6回表の)代打攻勢については、向こうが先発投手を代えてきましたので、これは、こっちも積極的に行かなければいけないなと。本来は、左投手が登板したからといって簡単に代えるべきではないんですけど、日本はメンバーが揃っていますので、より積極的にいきました。頭(先発)で出るものと後ろ(途中出場)から出るもの、2段構えで戦っていくというのは、大会前から選手たちに言ってあるので。誰が打ったとか、誰が出ないとかに関係なく全員で戦えている。ここへきて、より一層チームらしくなってきたと感じています」

 多くのメディアやファンなどが注目するのは甲子園を沸かせたオコエや清宮だろうが、この3連戦でいうと、アメリカ、オーストラリアの2戦でスタメン抜擢に応えた津田と9番から好機を作っている舩曳の貢献度が非常に大きい。

津田、舩曳らの絶妙なチームプレーが勝利を導く。

 3試合ともに活躍し、オーストラリア戦では2番三塁で初先発となった津田は「オーストラリアは良い投手がいるので、簡単には点が取れないと思っていました。だからこそ、自分の仕事をしっかりやろうと。相手投手の球がシュートしていてオコエが詰まらされていた。この球を引っ張りにかかると打てないと思ったので、逆らわずに右へ打とうと決めていました。(2安打2打点は)自分でも出来過ぎというくらいですね」と声を弾ませた。

 3試合で3打数1安打9四死球にして出塁率も8割を超えるという活躍で光る舩曳も「やっとヒットが1本出ましたし、良い形で盗塁もできています。チームに貢献できてよかった」と白い歯を見せた。

【次ページ】 3連勝のベースには、先発投手の好投があって……。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

西谷浩一
佐藤世那
津田翔希
オコエ瑠偉
清宮幸太郎
舩曳海

高校野球の前後のコラム

ページトップ