野球善哉BACK NUMBER

オコエ&清宮より津田&舩曳!?
U-18野球W杯、いぶし銀の選手たち。  

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2015/08/31 12:35

オコエ&清宮より津田&舩曳!?U-18野球W杯、いぶし銀の選手たち。 <Number Web> photograph by Kyodo News

「開催国として恥じない、悲願の世界一を勝ち取りたい」と大会前に宣言していた西谷監督。チェコとメキシコにも勝って一次リーグ全勝を誓う。

アメリカ相手に、舩曳、オコエらが足で稼ぐ!

 5回は、その後に続いた攻撃も見ものだった。

 1死一塁の場面で津田がけん制に釣り出されて憤死こそしたが、9番・舩曳海(天理)が四球で出塁すると、1番・オコエ瑠偉(関東一)の打席で舩曳が盗塁に成功。オコエが一塁への内野安打をもぎ取ると、舩曳は二塁から一気に生還する。

 そしてオコエが2番・篠原の打席で二盗を成功させると、続く平沢の打席で再びけん制に釣り出されながらも、相手守備陣のミスを誘って本塁まで還ってくるという離れ業を見せる。アメリカの守備陣を足でかき回して得た、貴重な追加点だった。

 結局、投げてはエースの佐藤がアメリカ打線を5安打9奪三振完封勝利。

 この先発起用も見事にハマった。

 西谷が試合後に、こうコメントしている。

「アメリカの初戦のビデオを見て、この打線には縦の変化を持つ投手を起用した方がいいんじゃないかと。佐藤はインコースの出し入れができて、二種類のフォークを投げ分けることができる。今日は上手くかわしてくれたと思います」

西谷采配が光った、代打攻勢とキープレイヤーの活躍。

 30日のオーストラリア戦でも、西谷采配が冴える。

 この日も、キープレイヤーになったのは津田だった。

 まず津田を2番に起用。2番だった篠原涼(敦賀気比)を5番へ。前日の、右打者を揃えた起用から、左の堀内、勝俣をスタメンに戻し、右打ちの豊田寛(東海大相模)を外して試合に挑んだのだった。

 試合は2回表、先頭の清宮幸太郎(早稲田実)の四球と勝俣の中前安打、堀内の四球で二死満塁とすると、9番・舩曳が粘って押し出し四球を選び1点を先制。先発の小笠原慎之介(東海大相模)が粘投し追撃を許さないまま、ついに6回表に攻撃の好機をつかんだのだった。

 わずか1点リードの展開の中、怒涛の代打攻勢を仕掛けて、最後はキープレイヤーの津田が締めくくる。まさに、西谷采配がズバリ的中しての4得点だった。

 9回表には舩曳やオコエの適時打などでさらに5点を追加。9回裏にはけがで出遅れていたエースナンバーの高橋純平(県岐阜商)も登板。完勝ともいえる試合運びで3勝目を挙げたのである。

【次ページ】 オコエ、清宮もいいが……今大会は津田と舩曳か!?

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

西谷浩一
佐藤世那
津田翔希
オコエ瑠偉
清宮幸太郎
舩曳海

高校野球の前後のコラム

ページトップ