月刊スポーツ新聞時評BACK NUMBER

プチ鹿島が眺めるスポーツ新聞世相。
5月は「キヨシとフランシスコ」祭り! 

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph byKyodo News/Hideki Sugiyama

posted2015/05/22 10:50

プチ鹿島が眺めるスポーツ新聞世相。5月は「キヨシとフランシスコ」祭り!<Number Web> photograph by Kyodo News/Hideki Sugiyama

5月になっても首位を快走中の横浜DeNAベイスターズの中畑清監督と、イースタン・リーグでは好調な巨人のフランシスコ。

“守乱シスコ”に“フラフラ”といじられキャラ。

 そして運命の広島戦がやってくる。フランシスコのインフィールドフライの処理ミスで巨人はサヨナラ負け。打撃も「前評判通り」三振の山。5月7日の記事を並べてみよう。

「あ~守乱シスコ フラ2軍」(日刊スポーツ)
「名前で皮肉っちゃ失礼だけど、言いたくなるよ『守乱シスコ』」(スポーツ報知)
「フラフラ2軍 原監督わずか5戦で見切り」(サンケイスポーツ)
「フラフラ拙守 V打デビューからわずか4日 2軍落ち」(スポーツニッポン)

 名前をもじったダジャレでは「守乱シスコ」派と「フラフラ」派の二通りに分かれた。

 そして二軍落ちしたこのキャラたっぷりの外国人の魅力に東京スポーツが気づいた。なんと「フラちゃん劇場」というコーナーをスタートしたのだ。

「フランシスコ“唯一の味方”先輩セペダに無礼行動」「フランシスコ G球場ラテン化計画でノリノリ」「フランシスコ今度は“籠城事件” 」などなどファームでのフラちゃんレポ。下手したら一軍の試合記事より大きいのだ。すっかりネタ化されてしまったフラちゃん。

ついにGM解任にまで影響したフラちゃん。

 しかし衝撃が走ったのは5月12日。「激震人事 巨人GM解任」(サンケイスポーツ)。

 記事によれば「GM交代劇の契機となったのが2013年から調査を進めてきたフランシスコの獲得だ」という。なんと、新助っ人の不甲斐なさが巨人GMの交代にも影響したというのだ。なんということだフラちゃん。

 でもキャラは満点。二軍では場外弾を放つなど打撃が好調という。復活か、このままネタ対象で終わるのか。マジメな助っ人が多い昨今、この久しぶりの「お騒がせ外国人」の動向には注目してしまう。今後スポーツ新聞各紙はどのような切り口でくるのか。

 フランシスコ、来月はどうなってる?

 以上、月刊スポーツ新聞時評でした。

関連記事

BACK 1 2 3 4
中畑清
フアン・フランシスコ

プロ野球の前後の記事

ページトップ